ホーム  >  当センターについて  >  概要情報  >  平成28年度 病院指標

平成28年度 病院指標

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

 

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1276 386 528 780 1200 1682 3721 4861 3286 564

急性期病院である当センターは、県内の中核病院として質の高い医療、安心安全な医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。
60歳以上の患者さんは全体の約7割近くを占めており、70歳以上の患者さんでは循環器疾患や呼吸器疾患での緊急入院が4割を超えています。白内障手術目的で入院される高齢者も多く、平均年齢は75.7歳となっています。
また、地域周産期母子医療センターとして、地方の病院や診療所からのハイリスク妊婦の受け入れも積極的に行っています。切迫早産や児の異常が疑われる出産に際しては小児科(NICU)医師の立ち会いを依頼し、妊娠から出産までをサポートしています。0歳児は早産児、低出生体重児、新生児一過性多呼吸などの疾患による入院が多く、他院からの新生児搬送の受け入れも行っています。小児期では、免疫力が弱く、また病原体(細菌やウイルスなど)が気道に進入しやすいことから呼吸器感染症(肺炎、気管支炎、急性細気管支炎など)での入院が多くなります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

循環器内科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 317 6.96 5.51 0.63 65.26  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 209 17.78 17.95 13.40 80.12  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 126 4.78 4.71 0 69.17  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 119 3.07 3.06 1.68 70.43  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 101 10.52 13.02 1.98 69.52  

循環器内科の症例で最も多いのは、心房細動等の頻脈性不整脈に対するアブレーション治療です。和歌山県では、アブレーション治療が可能な施設が限られているため症例数が多くなっています。症例数が2番目に多いのは、心不全治療です。症例数が3、4番目に多いのは、狭心症に対する治療及び検査です。5番目に多いのは急性心筋梗塞で、当センターは救命治療に積極的に取り組んでおり、カテーテル治療の約半数は急性冠症候群に対する治療です。

消化器内科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 393 7.25 11.06 3.56 71.83  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 159 7.14 9.02 0.63 71.96  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 127 7.80 11.74 1.57 75.83  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 120 7.49 10.93 8.33 73.47  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 77 8.10 9.08 10.39 71.71  

総胆管結石症は急性胆管炎、閉塞性黄疸等の原因となり、救急疾患の代表的疾患の一つです。診断がつけば早期の治療が望まれ、内視鏡による緊急胆道ドレナージ術や結石切石術を施行しています。早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は胃が温存されるという長所があり、治療後も治療前と何ら変わりない生活が可能であるため、診断から治療まで重点的に施行しています。
癒着や大腸癌による閉塞等で発症する腸閉塞は救急疾患の代表でもあります。イレウスチューブの挿入や閉塞性大腸癌に対する内視鏡的大腸ステント留置術により症状の改善が得られるため、緊急時においても積極的に実施しています。

糖尿病・内分泌内科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 57 12.44 14.61 0 64.00  
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 37 12.19 14.91 0 65.32  
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 27 10.30 11.48 0 59.11  
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 3.81 6.12 0 57.06  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 12.87 13.78 13.33 51.53  

当科で最も多いのは2型糖尿病のコントロール不良例に対して薬物療法の見直し(インスリン導入や投与量の調整を含む)と食事運動療法を含めた患者教育目的の入院で、末梢循環不全の有無で分類が分かれますがこれらが上位3つを占めます。
4番目は副腎腫瘍の検査入院です。副腎腫瘍の内分泌学的検査は外来では行えないため短期間の検査目的での入院となります。
5番目は高血糖緊急疾患として緊急入院された症例です。高血糖緊急疾患としては、1型糖尿病の発症時や1型・2型に限らずインスリン依存状態にある方でインスリンの絶対的不足があった場合に糖尿病性ケトアシドーシスとして、または感染症などのストレス状況があった場合に糖尿病の増悪のため高血糖高浸透圧症候群として入院される症例があります。

血液内科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 92 19.24 16.83 2.17 71.66  
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 54 20.69 21.92 0 75.35  
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 45 48.24 41.96 0 65.89  
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり 41 10.29 10.82 0 74.39  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 19 42.26 34.90 0 69.00  

非ホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫)とは血液がんの一つで、全身に分布するリンパ節ががん化したものです。その治療の中で、「リツキサン」という抗がん剤での化学療法目的の入院が年間約120人と最も多くなっています。手術なし・ありで別の分類になっていますが、輸血の有無によって分類が分かれています。輸血を行うような場合は、入院日数も伸びる傾向にあります。他には骨髄異形成症候群に対する化学療法入院や急性骨髄性白血病に対して化学療法・輸血を行う入院です。治癒を目指して骨髄移植をされる患者さんもいます。

外科部・消化管外科部・肝胆膵外科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 170 5.63 6.82 0 61.54  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 108 13.05 15.92 5.56 71.71  
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 71 12.61 17.65 1.41 70.31  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 5.71 7.61 0 63.31  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 64 4.95 5.60 0 41.17  

最も多い疾患群は、腹腔鏡下胆嚢摘出術の対象となる胆石症・胆嚢ポリープ・胆嚢炎などの良性胆嚢疾患です。1位と4位のコーディング例を合わせて238例にのぼります。パスが適用され、在院日数は5日に設定されています。2位、3位は、結腸および胃の悪性腫瘍で、それぞれ108例、71例です。これら疾患にも、腹腔鏡下手術が適用され、多くはパスに乗りますので、在院日数はおよそ12-13日ほどです。5位は虫垂炎の64例です。かつてこの疾患は緊急開腹手術の絶対適応でしたが、診断法と保存治療法の発達により、相当数が待機手術としての腹腔鏡下手術の対象となっています。発症時には穿孔から膿瘍形成を伴うような症例であっても、いわゆるインタバル手術を行うことによって、平均在院日数は5日未満となっています。

乳腺外科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 73 9.70 10.3 0 61.64  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 47 5.85 6.59 0 56.85  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 34 9.74 11.57 0 62.03  
090020xx97xxxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 3.36 4.10 9.09 44.27  
070040xx97x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) その他の手術あり 手術・処置等2 2あり - - 43.45 - -  

乳腺外科の入院は、約90%が乳癌の手術目的の入院であり、上位3位を占めます。 乳癌手術には大きく分けて「乳房切除術」(乳房をすべて切除する手術) と、「乳房部分切除術」(乳房の形を温存する手術)の2通りがあります。平均在院日数は「乳房切除術」で9.7日、「乳房部分切除術」で5.9日となっており、より侵襲の少ない「乳房部分切除術」の方が早期退院できる傾向にあります。
第5位は、乳癌骨転移に対する放射線療法のための入院です。乳癌は骨、肺、肝臓などに転移しやすい癌です。転移・再発乳癌へは、薬物治療が発展し、安全・効果的に治療が行えることから外来治療が主体となっていますが、病状に応じて入院治療をご提案しています。

小児外科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 16 4.19 5.60 0 11.5  
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 - - 9.91 - -  
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.57 - -  
060160x102xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - 2.89 - -  
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.83 - -  

小児外科の手術件数は年々増加傾向にあり、積極的に鏡視下手術を行っています。最も症例数の多い鼠径ヘルニア手術も、平成28年5月より腹腔鏡下手術を導入しました。
また、虫垂炎は、小児の急性腹症の中で最も頻度が高く、重要な疾患の一つですが、夜間休日を含め緊急手術ができる体制を整えており、全例腹腔鏡下手術を行っております。
鏡視下手術は、傷跡が小さく目立たないだけでなく、痛みが少なく、術後の回復も早いことが入院期間の短縮につながっていると思われます。

眼科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 127 4.89 7.72 0 70.14  
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 96 6.43 10.53 0 55.23  
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 79 7.20 9.15 0 69.71  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 69 4.72 7.01 0 66.65  
100080xx97x000 その他の糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 44 6.07 6.80 0 62.70  

黄斑、後極変性、その他の手術 処置1は網膜前膜、黄斑円孔などの手術が含まれます。在院日数は5日以内の入院となっています。網膜剥離 その他の手術では術後ガスを注入し、うつむき姿勢が必要であるために6日以上の入院となりました。緑内障では術後の眼圧調整が必要となるために1週間の入院が必要となっています。

耳鼻咽喉科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 72 7.06 8.12 1.39 16.83  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 70 7.20 7.47 2.86 57.74  
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 66 9.53 9.36 0 53.47  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 55 6.53 7.75 0 59.87  
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 50 8.18 9.27 2 62.58  

耳鼻咽喉科では、慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫や慢性副鼻腔炎などの感覚器疾患に対する手術加療や甲状腺腫瘍を含む頭頸部腫瘍に対する手術加療を2大柱として診療に当たっています。手術加療可能な総合病院における耳鼻咽喉科の社会的使命として、扁桃アデノイド疾患に対する手術加療や急性期対応を担っています。

第一・第二産婦人科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 114 10.39 10.05 0 44.46  
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 110 3.38 4.92 0 63.98  
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 82 8.84 9.77 0 34.30  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 80 4.79 6.18 0 0  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 80 5.71 6.42 0 40.10  

子宮良性腫瘍には子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜増殖症や子宮頸癌の前癌状態である子宮頸部異形成などがあります。妊孕性温存が必要でない場合は腹式、膣式、腹腔鏡下に子宮全摘を行う場合もあります。
卵巣腫瘍には良性と悪性があり種類も多数あります。ほとんどの良性卵巣腫瘍に対して当院において現在では腹腔鏡下に腫瘍摘出または子宮付属器切除が行われています。
卵巣癌に対する標準化学療法であるTC療法(カルボプラチン、パクリタキセル)を手術後や腫瘍の摘出が難しいと予想された場合は術前に行っています。最近は分子標的治療も行っています。
当院は地域周産期母子センターでありハイリスクを伴う出産時の対応を行っています。

小児科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 166 5.14 6.02 0 1.94  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 63 4.79 5.50 0 4.89  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 5.28 5.79 0 5.21  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 6.26 6.18 0 0  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 6.42 6.42 2.78 3.72  

小児科で最も入院数が多いのは、呼吸器感染症(肺炎、気管支炎、急性細気管支炎など)です。小児期には免疫力も弱く、また病原体(細菌やウイルスなど)が進入しやすいのは気道ですので、呼吸器感染症が多くなります。2番目に多いのは腸管感染症です。特に冬期には、ウイルス性感染症が流行し、嘔吐・下痢などの症状により脱水となり、入院を要する場合が多くなります。3番目に多いのは肺炎で、上記にも記載しましたが、特に肺が炎症の中心であれば肺炎となり、入院加療が必要となる場合もあります。4番目は早産、低出生体重児です。母体や胎児の状態で、予定日より早く出産となる場合があり、入院して治療・管理を行います。5番目は喘息です。喘息発作は9月10月が最も多く、呼吸困難となり入院加療が必要となります。

第一・第二泌尿器科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 144 5.58 7.44 0.69 73.83  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 84 8.81 9.98 2.38 74.64  
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 77 12.71 13.39 1.30 69.29  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 72 5.58 5.83 0 60.42  
110070xx99x21x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 あり 47 18.09 23.93 0 71.02  

表在性膀胱癌を対象として、経尿道的膀胱切除術を行い、浸潤性膀胱腫瘍に対しては膀胱全摘尿路変更術を年間20~30例施行しています。前立腺肥大症による排尿障害に対しては、高齢で合併症のある患者さんに対しても、全身管理を慎重に行い、積極的に経尿道的前立腺切除を行っています。根治性を期待できる病期の前立腺癌に対しては主としてロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘手術を行っていますが、根治的照射線治療、集学的治療の一環としての放射線照射も増加しています。小さな膀胱腫瘍の焼却術及び体外衝撃波結石破砕術、尿管ステント留置術、前立腺生検は外来で行っています。経尿道的尿路結石除去術は技術の向上により対象が腎結石にも拡大され、大部分の腎結石が腎瘻なしで治療可能となり症例数が増加しています。抗癌剤治療は症例毎にレジメを検討し、きめ細かい治療を行っています。

腎臓内科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 10.78 12.84 18.52 73.74  
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 27 28.00 37.06 40.74 71.26  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 25 19.48 22.67 4.00 60.28  
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 24 3.92 7.58 8.33 45.50  
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 10.48 14.60 38.10 75.24  

腎臓内科では、糸球体腎炎などの診断・治療のために腎生検入院を行っています。慢性腎不全の悪化に伴う緊急透析導入にも対応しておりますが、計画的導入を推進しており、事前に血液透析、腹膜透析、腎移植についての腎代替療法の説明を行っています。その他に多い入院は、慢性腎不全の透析導入に関する入院で、血液透析のための内シャント作成や腹膜透析のための腹膜透析カテーテル設置術も当科にて行っています。また、透析療法が安全に外来で行えるようになるまで入院での透析管理も行っています。

皮膚科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 18 6.72 8.96 5.56 71.78  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 18 11.06 11.97 16.67 68.94  
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2 なし - - 30.11 - -  
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 2あり - - 34.89 - -  
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.71 - -  

症例数の多い「急性膿皮症(手術なし)」に含まれるのは、ほとんどが蜂巣炎(蜂窩織炎)や丹毒と言われる病気です。通常は片方の足や下腿などが赤く腫れあがって痛みを伴い、発熱も来します。抗生物質の点滴により治療します。糖尿病にかかっておられる患者さんも多く、そのコントロールも必須です。
もうひとつ症例数の多い「帯状疱疹」は、水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化により発症する病気です。皮膚の一部に水ぶくれや赤い発疹が出現します。高齢者や免疫力が落ちている患者さんでは重症化することがあり、入院点滴治療が必要になります。

整形外科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 235 21.77 27.63 83.40 80.70  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 78 4.21 5.49 2.56 49.51  
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 56 5.07 5.33 3.57 26.68  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 49 23.47 26.26 28.57 76.27  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 41 24.2 24.42 36.59 69.27  

整形外科の傷病名で多いのは高齢化に伴う骨粗鬆症に起因する骨折であり、70歳以上から増加する大腿骨近位部骨折が最多で、骨折に関しては前腕骨折・肘関節周辺骨折が多くなっています。高齢者の骨折に対しては、早期の手術、早期のリハビリを心がけています。大腿骨近位部骨折は術後に急性期リハビリを行い、連携パスによって回復期病院へ転院し、リハビリを継続します。高齢者に多い変形性膝関節症・変形性股関節症に対しては、人工関節置換術を行っています。低侵襲手術を実践し、術後の疼痛管理を行うことで、入院期間の短縮に努めています。

脳神経外科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 69 9.52 11.83 20.29 77.58  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 68 12.44 16.54 45.59 70.03  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 53 2.36 3.20 0 66.19  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 7.29 7.52 23.81 66.19  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 14.15 19.35 60.98 60.98  

脳神経外科で最も多い入院は慢性硬膜下血腫です。高齢者に多く頭痛、認知症、意識障害などをきたし、当院で入院の上緊急で穿頭手術を行っております。平均9.5日の在院日数で大部分が症状改善し退院されます。次に多い入院が脳梗塞です。発症後4~5時間以内であればtPAの静脈注射による血栓溶解療法を優先して行います。主幹動脈の閉塞症例には速やかに血管内治療による急性期血栓回収療法を施行しております。脳保護薬や抗血小板剤、抗凝固剤の点滴内服を行い再発防止とリハビリテーションによる神経症状の軽減に努めています。平均在院日数は12日で45%の患者さんはリハビリテーション目的で転院されます。3番目に多い入院は未破裂脳動脈瘤の患者さんで、血管撮影検査を主に2日間の精査を行います。検査結果で手術の適応があれば、後日、血管内治療や開頭クリッピング術を施行いたします。次に多い入院は頭蓋・頭蓋内損傷です。症状を経過観察し悪化がある場合は手術が必要か検討します。重篤な場合は集中治療室で管理を行い、平均7日の入院で自宅退院もしくはリハビリテーション目的で転院されます。

呼吸器内科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 254 10.67 12.35 1.97 69.57  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 91 20.13 21.25 47.25 81.98  
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 81 19.99 19.24 0 71.91  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 73 22.95 19.92 9.59 72.75  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 14.73 14.83 26.56 74.97  

呼吸器内科では、肺癌の化学療法(抗がん剤治療)のための入院が最も多くなっています。
化学療法を導入する際には約2週間程度の入院を要します。1回目以降の化学療法も副作用
の発現状況などに応じて、短期入院を繰り返しながら治療していくこともあります。次に多いのが肺炎の入院です。喀痰検査などを積極的に実施し、出来る限り病原微生物を特定のうえ最適の抗菌剤治療をおこないます。入院期間の目安は1-2週間です。誤嚥性肺炎の入院も多く、当地の高齢化を反映した結果で、平均年齢は80歳を超えており、再燃を繰り返すことも多く、治療期間は通常の肺炎よりも長くかかることが多いです。

心臓血管外科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 7.16 11.38 2.33 75.60  
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 21 3.05 4.87 0 74.86  
050163xx03x10x 非破裂脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし性大動 18 13.89 16.98 5.56 78.22  
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり 15 24.07 21.94 6.67 72.00  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 12 29.25 24.70 8.33 73.92  

心臓血管外科で最も多い症例は、ペースメーカーの電池消耗に伴うペースメーカー交換目的のための入院で平均年齢の増加に伴い、患者数も経年的に増加しております。2~4番目に多いのは、動脈瘤に対する治療で、開胸もしくは開腹による人工血管置換術だけではなく、カテーテルを併用した低侵襲性のステントグラフト内挿術の選択肢もあります。5番目に多いのは弁膜症に対する手術目的の入院で、現在は高齢者大動脈弁狭窄症に弁置換術もしくは僧帽弁閉鎖不全症に対する形成術が行われています。

神経内科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 14 12.07 18.04 0 53.29  
010080xx99x40x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 12 11.83 18.96 0 32.00  
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.36 - -  
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.92 - -  
010110xxxxx41x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 あり - - 46.12 - -  

神経内科では、救急疾患を積極的に診療しており、免疫介在性ニューロパチーである、ギラン・バレー症候群については免疫性グロブリンによる加療を行っています。脳炎や脊髄炎、髄膜炎については、病原体に合わせた抗ウイルス薬治療や、抗菌薬を、また免疫介在性の場合にはステロイドや免疫グロブリンによる治療を行っています。多発性硬化症については、急性期はステロイドを中心とした治療を、予防治療としてはインターフェロンその他の薬剤を使用しています。

形成外科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 16 4.13 5.94 0 49.75  
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 16 2.94 5.11 0 28.19  
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2 あり 12 26.5 49.25 25.00 50.17  
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 12 3.33 6.76 0 17.50  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 11 5.73 8.78 9.09 79.82  

形成外科では頬骨骨折観血的整復術の手術は、大半が入院日翌日か翌々日に手術を行い、手術後は3日程度で退院となっています。退院後も外来で継続的にフォローを行っております。
皮膚、皮下腫瘍摘出術も多く行っておりますが、こちらの手術については入院日翌日に手術、手術後は翌日に退院となるケースが多いですが、頬骨の手術と同様に外来でのフォローは継続的に行っております。
手術で根治可能な皮膚悪性腫瘍は、各種再建手技を用いて整容に配慮しております。

呼吸器外科部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 137 13.45 12.73 2.19 68.80  
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 10.09 10.09 0 36.37  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 15.70 21.25 40.74 85.78  
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 6.74 9.14 0 53.17  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 22 15.18 12.35 0 64.91  

呼吸器外科では、肺癌や転移性肺腫瘍など肺の悪性腫瘍手術についての入院症例が最も多くなっています。切除可能な肺悪性腫瘍については、胸腔鏡を用いた低侵襲手術を心掛けています。術後1週間程度での退院を目指しています。一部の進行肺癌については術前に放射線・化学療法を行って腫瘍の縮小をはかることもあります。また、術後の補助化学療法追加についてもガイドラインや最新のエビデンスに基づいて適切に判断しており、初回の抗癌剤投与については入院、2回目以降は症例に応じて短期入院または外来化学療法を使いわけています。
気胸の入院については、まずは入院・ドレナージ治療を行った後、そのまま退院か胸腔鏡手術を追加するかを症例によって判断しています。
また、高齢者肺炎患者の増加に伴い、救急で入院となった肺炎症例については呼吸器内科と連携を図りながら、リハビリや嚥下評価を行いつつ、早めの退院・転院を目指しております。

第一救急科部・集中治療部・神経救急部・外傷救急部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 32 16.63 16.54 43.75 69.03  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 17.00 19.35 47.62 71.19  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 2.39 3.64 0 48.67  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 7.85 7.52 15.38 57.69  
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 21.25 18.76 41.67 79.50  

救急医学科では、救急外来に搬入されるすべての脳疾患患者を受け入れています。その多くは脳卒中(脳梗塞や脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作等)をはじめ、頭部外傷(脳挫傷、急性硬膜下血腫、慢性硬膜下血種等)、脳腫瘍、てんかん発作症例など多岐にわたり、病態を的確かつ迅速に診断し、入院加療が必要な患者さんには、脳神経外科部や神経内科部など他科の協力も得ながら治療に当たっています。次に多いのが、薬物中毒です。薬物過量服用のほか、マムシ咬傷やフグ中毒も含まれています。入院される患者さんには、精神的に不安定な患者さんもいらっしゃり、入院から退院まで積極的なサポートを行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 138 19 48 56 11 126 1 7,6
大腸癌 76 45 66 48 14 105 1 7,6
乳癌 67 45 16 - - 12 1 6
肺癌 148 55 130 211 - 357 1 7,6
肝癌 16 21 18 -   175 1 7,6

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃がん・大腸がん・肝がんは、がんの病期・患者の一般状態・肝予備能により消化器内科と外科で分担して診療に当たっています。早期の胃がん・大腸がんは内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を中心の治療が行われますが、局所浸潤やリンパ節転移が疑われる場合は腹腔鏡手術が中心となります。さらに進行したものや再発例に関しては化学療法が実施されます。大腸がんについては、進行した状態で発見されることが多いですが、相当な進行がんや遠隔転移を伴うがん腫に対しても積極的に化学療法を実施し、生存期間の有意な延長を得ています。肝がんはC型肝炎等を基礎に空間的・時間的に多発する事が多く、主に消化器内科で肝動脈塞栓療法やラジオ波療法を施行していますが、可能であれば外科的切除を実施することもあります。

乳がんは早期発見・早期治療と再発予防が重要です。平成28年度に新規に診断された乳がんはStageⅠまでの早期乳がんが約50%を占めました。
手術・薬物療法・放射線治療を組み合わせた集学的治療を行い、適切な再発予防ならびに病勢のコントロールを目指しています。 治療の選択にあたっては、患者さん一人ひとりの病状や、治療に対する希望といった個別の要素に配慮しながら、乳腺外科・放射線診断科・放射線治療科・病理診断科などの専門医がキャンサーボードで検討を重ねています。

肺がんに対する手術は積極的に胸腔鏡手術を行い、低侵襲を心がけています。また、適切な術度補助化学療法で再発予防を目指しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

 

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 7.86 51.21
中等症 77 11.73 75.68
重症 32 15.59 82.00
超重症 - - -
不明 - - -

最も患者数が多いのが中等度(A-DROP:1-2)で、次いで重症(A-DROP:3)となっています。当センターは高度救命救急センターであることから、約7~8割の方が救急車にて搬送されています。また重症度が高くなるにつれ、救急車による搬送割合が増加し、必要な入院日数も長くなっています。また、年齢が高くなるほど重症化する傾向が見られます。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

 

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 356 17.86 74.04 45.52
その他 35 17.20 73.97 4.35
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 46 3.78 72.67 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

脳梗塞は大半が脳神経外科、救急医学部(神経救急部)に入院された患者さんです。大部分がI63$に分類される脳梗塞で9割が発症3日以内に入院される患者さんです。平均年齢は74歳と高齢者に多く、適応のある患者さんには積極的にtPAによる血栓溶解療法、血管内療法による急性期血栓回収療法を行い、症状改善の為にリハビリテーションを早期から開始いたします。平均在院日数は17日で患者さんの45%が主にリハビリテーションの継続を目的として地域連携を行っている回復期リハビリテーション病院などへ転院されます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

循環器内科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 270 1.93 4.83 1.11 66.08  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 134 2.93 3.13 0 70.20  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 68 0.03 12.03 4.41 68.32  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 54 0.11 11.50 1.85 70.67  
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 54 1.69 3.20 0 62.37  

循環器内科では、心房細動等の頻脈性不整脈に対するアブレーション治療の手術件数が最も多く、特に発作性心房細動のアブレーションに関しては、クライオアブレーションを導入し、手技時間の短縮と合併症の低減に努めています。次に、手術件数が多いのは急性心筋梗塞、狭心症に対するステント治療です。
本センターでは、冠動脈CTや診断カテーテル検査は減少傾向にあり、Adhoc PCI(検査→その場で治療に移行)が増加傾向にあります。また、患者さんの負担軽減のため、手首の橈骨動脈からのアプローチが増加しています。

消化器内科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 224 1.00 10.80 7.14 72.91  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 161 1.12 5.07 0.62 71.98  
K654 内視鏡的消化管止血術 147 0.52 7.97 13.61 72.58  
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他) 144 0.53 3.27 2.78 71.17  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 140 1.04 6.16 0.71 76.32  

総胆管結石や胆膵系の悪性腫瘍の入院患者は多く、急性胆管炎や閉塞性黄疸を発症し、胆道ドレナージが必要なことが多いです。このような場合にまず選択されるのが内視鏡的胆道ステント留置術です。
診断技術の向上と共に早期胃癌の発見率は上昇しています。胃癌が局所のみに局限すると診断された場合、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は、胃が温存されるため極めて優れた治療法として評価されています。
総胆管結石症と診断された場合、侵襲の低さの点から内視鏡的胆道結石除去術は最も推奨される治療法です。

外科部・消化管外科部・肝胆膵外科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 262 1.44 3.62 0.38 62.71  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 122 3.45 10.06 4.92 72.03  
K6335 鼠径ヘルニア手術 72 1.53 2.57 1.39 68.29  
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 70 2.49 11.66 1.43 70.64  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 65 0.31 3.85 0 40.86  

手術症例数最多は腹腔鏡下胆嚢摘出術で、262例でした。胆嚢結石症や胆嚢ポリープ、胆嚢腺筋腫症など対象疾患は良性疾患ですが、偶発的に見つかる胆嚢癌も年に1-2例経験します。2番目は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術で122例です。現在では結腸癌症例に対して原則全例この術式を採用します。3番目は鼠径ヘルニア手術の72例です。高齢化に従い大人の鼠径ヘルニア症例は増加傾向のようです。腹腔鏡下胃切除術が70例で第4位です。低侵襲手術としての腹腔鏡手術は、胆嚢摘出や結腸切除が先行しましたが、胃切除術にも適用が進んでいます。5番目は腹腔鏡下虫垂切除術です。かつて虫垂切除術は脊椎麻酔下の開腹手術が標準術式でしたが、低侵襲手術の恩恵はこの疾患に対して大いに評価されてきたため、腹腔鏡下手術が急激に増加しています。最多術式トップ5のうち4術式は腹腔鏡下手術となりました。第3位の鼠径ヘルニア手術も今後腹腔鏡下手術の増加が見込まれます。

乳腺外科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 63 1.10 7.17 0 62.60  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 47 1.06 3.79 0 56.85  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 27 1.00 7.96 0 65.00  
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満) 12 1.00 1.17 0 45.17  
K4768 乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わない)) - - - - -  

乳腺外科で行っている手術の約90%は、乳がんに対する手術であり、第1~3位と第5位を占めます。乳がんの手術には「乳房切除術」(乳房をすべて切除する手術)と、「乳房部分切除術」(乳房の形を温存する手術)があり、がんの広がりや患者さんの希望に応じて選択します。「乳房部分切除術」は、整容性が高く、かつ手術後に乳房に対する放射線治療を追加することで「乳房切除術」と同等の成績が得られる手術となっています。
また、乳がんはわきのリンパ節に転移しやすいため、従来は乳房手術の際にわきのリンパ節をすべて摘出する「腋窩郭清」がよく行われていましたが、近年は「センチネルリンパ節生検」といい、わきの一部のリンパ節のみを摘出して転移の有無を調べる方法が普及しています。低侵襲で合併症も少なく、正確な診断ができるため、適応のある患者さんでは「センチネルリンパ節生検」を積極的に行っています。 なお第1位、2位の術式は乳房手術と同時に「センチネルリンパ節生検」を行う手術、第3位は乳房手術と同時に「腋窩郭清」を行う手術です。第5位のように、整容性を重視した手術として「乳輪乳頭温存乳房切除術」を行った後、シリコンなどで乳房のふくらみを作り直す乳房再建術も行っています。

小児外科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 40 0.83 0.25 0 3.90  
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 - - - - -  
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -  

小児外科の手術件数は年々増加傾向にあり、積極的に鏡視下手術を行っています。最も症例数の多い鼠径ヘルニア手術も、平成28年5月より腹腔鏡下手術を導入しました。
また、虫垂炎は、小児の急性腹症の中で最も頻度が高く、重要な疾患の一つですが、夜間休日を含め緊急手術ができる体制を整えており、全例腹腔鏡下手術を行っております。
鏡視下手術は、傷跡が小さく目立たないだけでなく、痛みが少なく、術後の回復も早いことが入院期間の短縮につながっています。

眼科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 1100 1.33 1.03 0.18 75.73  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 302 1.33 2.95 0 66.70  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 86 1.09 3.72 0 63.14  
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートなし) 29 1.69 7.03 0 67.83  
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) 29 1.07 2.00 0 65.21  

白内障手術は日帰り手術が増加しており、入院での手術は1100件と昨年より減少しています。網膜前膜、黄斑円孔、網膜剥離、糖尿病網膜症などに対する硝子体手術が400件ほど行っておりますが、術後入院期間が3-4日と短くなってきていることが特徴です。光線力学療法という加齢黄斑変性に対するレーザー治療では、術後直射日光などの強い光を避ける必要があるため、入院で行っています。

耳鼻咽喉科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 76 1.08 5.13 1.32 19.89  
K319 鼓室形成手術 73 1.47 7.23 0 50.84  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 41 1.22 5.02 2.44 57.46  
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 39 1.15 5.64 0 61.79  
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 25 1.88 2.04 0 59.12  

耳鼻咽喉科では、慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫や慢性副鼻腔炎などの感覚器疾患に対する手術加療や甲状腺腫瘍を含む頭頸部腫瘍に対する手術加療を2大柱として診療に当たっています。手術加療可能な総合病院における耳鼻咽喉科の社会的使命として、扁桃アデノイド疾患に対する手術加療や急性期対応を担っています。

第一・第二産婦人科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 132 1.53 8.11 0 48.95  
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 117 6.20 7.16 0 33.80  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 89 1.25 3.56 0 39.22  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 58 6.29 7.12 0 33.33  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 50 1.00 1.54 0 39.58  

子宮良性腫瘍のうち手術適応が多いのは子宮筋腫で、子宮が手拳大以上の場合は手術合併症を考えて開腹で、手拳大以下なら腹腔鏡下または膣式に子宮全摘を行っています。
術前診断で悪性の疑いのない嚢胞性卵巣腫瘍に対しては腹腔鏡下に、悪性を否定しきれない場合は開腹で子宮付属器腫瘍摘出術を行っています。
子宮頸癌の若年化、妊娠の高齢化に伴い、妊孕性温存が必要な子宮頸癌の前癌状態である子宮頸部異形成が増加しており子宮頸部円錐切除術の症例が増加しています。
当センターは地域周産期母子センターであり母体、胎児が危険な状態にある場合は迅速に緊急帝王切開を行っています。近年の帝王切開率の増加に伴い既往帝王切開後妊娠も増加しています。リスクの少ない症例に対しては慎重に経膣分娩を試みる場合もありますがリスクが高ければ選択的に帝王切開を行っています。

小児科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的) 13 0 1.00 0 0.92  
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 - - - - -  
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -  

小児救急医療の中で、緊急度が高い疾患に腸重積症があります。それに対し、高圧浣腸治療を年間数例行っています。未熟児では網膜の血管などが未熟で弱視や失明をする可能性もあります。 それを防ぐ目的で網膜光凝固術を行います。白血病や固形腫瘍などで、長期に点滴を行う必要がある場合に、頻回の静脈確保術は患児の負担になるため、埋込型カテーテルで中心静脈を留置します。抗悪性腫瘍剤を動脈内持続注入が必要な場合に、植込み型カテーテルを留置することもあります。また、本センターはNICU(新生児特定集中治療室)を有しており、異常分娩に常時対応できる体制をとっており、仮死状態で出生した赤ちゃんへの蘇生行為も行っております。

第一・第二泌尿器科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 155 1.56 3.52 1.29 73.81  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 93 1.85 6.55 2.15 74.67  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 82 2.43 3.88 2.44 61.87  
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 71 2.35 9.58 0 69.25  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 45 45 1.47 8.40 0 69.76  

主として表在性膀胱癌を対象として、経尿道的膀胱切除術を行っています。浸潤性腫瘍に対しては膀胱全摘尿路変更術を年間20~30例施行しています。前立腺肥大症による排尿障害に対しては、高齢で合併症のある患者さんに対して、全身管理を慎重に行い、積極的に経尿道的前立腺切除を行っています。根治性を期待できる病期の前立腺癌に対しては手術治療を主として行っています。2012年の手術支援ロボットダヴィンチ導入後、腹腔鏡下前立腺全摘術症例が増加しており、2016年度の前立腺全摘術の9割はロボット支援腹腔鏡下にて施行しています。経尿道的尿路結石除去術は、技術の向上に伴い、腎結石の大部分も対象となり症例数が増加し、また良好な結石完治率を得ています。腎悪性腫瘍においては、約9割が鏡視下手術となり、また2017年1月からは腎の部分切除もロボット手術で行っております。

腎臓内科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 87 7.84 15.33 22.99 70.33  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 32 1.78 3.22 12.50 71.88  
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 12 5.92 8.50 8.33 64.25  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -  
K6072 血管結紮術(その他) - - - - -  

腎臓内科では腎炎から透析導入、腎移植までの腎全般の治療を担っています。
できるだけ透析せずに保存的に慢性腎不全のフォローをしていますが、それでも年間に約100人の腎代替療法が必要となります。約90%が血液透析をその他として腹膜透析と腎移植の選択となります。
血液透析へ導入する際には、ブラッドアクセスとして前腕に内シャント設置術が必要となります。
腹膜透析には連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術を施行します。腎移植に関しては年間5~8例施行しています。

整形外科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 185 3.96 15.77 70.81 73.58  
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 127 2.65 13.49 31.50 60.90  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 97 4.54 15.98 82.47 80.59  
K0821 人工関節置換術(膝) 等 95 2.21 21.65 33.68 72.78  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 67 1.03 2.54 1.49 54.84  

整形外科の手術で多いのは、高齢化に伴う骨粗鬆症に起因する大腿骨近位部骨折に対する骨折観血的手術が最多で、2番目は同骨折に対する人工骨頭挿入術です。高齢者は合併症を有する患者が多いのですが、総合病院である当センターでは、各診療科との連携により安全かつ早期の手術を心がけています。高齢者の骨折に対しては、早期の手術、早期のリハビリを心がけています。3番目に多い手術も脆弱性骨折である前腕の骨折で、早期の社会復帰の為手術を行うことが多くなってきています。4番目の人工膝関節置換術は高齢者の増加により今後も増加すると思われます。前腕骨折に対する固定術は腱断裂の合併症がある為、抜釘が必要になり。5番目に多い手術となっています。

脳神経外科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 75 1.13 8.92 21.33 77.09  
K1781 脳血管内手術(1箇所) 30 1.13 24.47 33.33 66.70  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 20 7.50 25.20 20.00 60.10  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 18 5.56 6.44 11.11 71.67  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 13 0.23 40.69 76.92 60.00  

脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。高齢者に多く頭部外傷後1、2ヶ月後に頭痛、運動麻痺、認知症などを呈する病気で当センターでは原則として緊急で手術を行います。局所麻酔で穿頭を行い、血腫を吸引除去、洗浄する手術で高齢者や体力のない方でも比較的安全に手術できます。大部分の方が症状改善し術後平均8.92日で退院されます。次に多い手術は脳血管内手術です。この手術は破裂及び未破裂脳動脈瘤に対して特殊なカテーテルを用いて血管の中から血管の中からコイルを動脈瘤内に入れ、閉塞し破裂しないようにする治療法です。当センターでは全身麻酔で行っており、破裂脳動脈瘤に対しても開頭手術より優先し第一選択の治療法にしております。次に多い手術が頭蓋内腫瘍摘出術です。当センターではナビゲーションシステムを併用した顕微鏡手術でできるだけ安全に腫瘍を摘出するようにしております。4番目に多い手術は経皮的頸動脈ステント留置術です。カテーテルを用いて血管の中から頸動脈の狭窄を広げ、脳梗塞を予防する治療法です。局所麻酔で行い全身の負担が少ない利点があり、術後平均6日で退院されています。5番目に多い手術は頭蓋内血腫除去術(開頭)で患者さんの救命の為、緊急で手術することが多く、術後リハビリテーションを行い7割以上の方がリハビリテーション病院等へ転院となります。

心臓血管外科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 33 1.73 4.18 3.03 78.39  
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 23 5.17 26.96 13.04 65.26  
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建)) 22 7.77 26.50 13.64 73.82  
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 22 2.45 14.09 4.55 77.64  
K5551 弁置換術(1弁) 19 7.95 39.16 10.53 72.79  

当科で最も多い症例はペースメーカー植え込み術後の電池消耗に伴うペースメーカー交換術です。平均寿命の増加に伴い、手術件数も経年的に増加傾向にあります。2番目、3番目に多い症例は冠動脈バイパス術、腹部大動脈瘤手術であり、いずれも動脈硬化を原因とする動脈硬化性血管病変であります。手術手技の向上や手術自体の低侵襲化により、後期高齢者の方でも比較的容易に手術可能となっています。

形成外科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 16 1.00 2.38 0 51.75  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 11 0.73 4.55 9.09 80.00  
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -  
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -  
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -  

高度救命救急センターを併設しているため、形成外科では顔面骨骨折を多く受け入れ手術治療を行っています。
また眼瞼や口唇等の顔面の先天異常は、院内出生児はもとより地域の産科・小児科より紹介を受け家族と相談のもとに計画的な手術を行っています。
伝統的に皮膚皮下腫瘍は多く取り扱っており全年齢層で手術を行っておりますが、近年は小児症例が増えています。
高齢化を反映し、手術で根治可能な皮膚悪性腫瘍の症例も増えております。

呼吸器外科部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 67 2.55 11.39 1.49 69.64  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 57 2.6 10.65 1.75 69.91  
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 45 4.78 7.36 4.44 44.91  
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 25 4.00 9.16 0 60.88  
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 14 2.57 9.50 0 70.29  

呼吸器外科で最も多い手術は主に肺癌に対する胸腔鏡下手術で、なかでも肺葉切除は肺癌についての標準手術となっています。胸腔鏡を用いた低侵襲手術を目指していますが同時に安全性・確実性についても十分に留意しています。転移性肺腫瘍については胸腔鏡下肺部分・区域切除を標準術式としており、また肺癌でも末梢小型病変や低肺機能症例については完全切除可能と判断されれば症例に応じて部分切除や区域切除などの縮小手術も選択肢としています。自然気胸に対する胸腔鏡下肺部分切除術は、再発・気瘻遷延例、ブラが明らかな症例などに対して行っています。その他として良性腫瘍や感染・炎症性病変、肺癌との鑑別が困難な結節陰影などに対して胸腔鏡下肺切除術を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

 

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 99 0.54
異なる 88 0.48
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 99 0.54
異なる - -

播種性血管内凝固症候群や敗血症は高額な点数が設定されている為、臨床的に根拠のないアップコーディング(高額な診療点数請求目的)を疑われかねないDPC病名とされています。
 
敗血症では、DPC病名と入院契機となった傷病名が同一であるものが99例で、入院時より敗血症を発症していたということです。異なるものは88例で、高齢者や、手術後の体力低下・抵抗力の低下等により、敗血症に至った症例と考えられます。

手術・処置などの合併症については、大半が入院契機も同一のものです。透析シャントの機能低下や感染症の症例があります。手術や処置などは、合併症を起こさないように細心の注意を払って施行していますが、合併症はどうしても一定以上の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、事前に可能な限り説明したうえで、手術・処置の施行に同意をいただくように努めております。

更新履歴

2017/9/29 平成28年度 当センター 病院指標を公開しました。