ホーム  >  当センターについて  >  特色と取り組み  >  高度救命救急センター

高度救命救急センター

当救命救急センターについて

救命救急センターは救急医療体制の完結部分を担い、二次医療機関と消防(搬送機関)と密な連携を取り、最重症患者を最優先として診療するところです。
その中でも当センターは、全国で約270施設ある救命救急センターのうちで、広範囲熱傷、四肢切断、急性中毒などの特殊救急患者も診療する体制を24時間365日備える高度救命救急センターに認定された(※1)、全国36施設の中のひとつです。当救命救急センターは救急外来、集中治療室、救命救急病室より構成されています。(※1:平成23年4月1日付で指定)

救急外来

受診患者数はここ10年以上に渡って、年間30000名前後、うち入院患者数が6000名前後でした。救急車台数は2008年を境に急増し、年間9000台程度で推移するようになりました。2015年4月より時間外選定療養費を徴収することとなり、受診患者数は約2割減少しましたが、入院患者数は6121名と変わらず、より重症患者の割合が増えていると思われます。
3次救急患者さんの入院率はほぼ100%、1次2次救急患者さんの入院率も約10%あります。(各表参照)

集中治療室

30床あり、救急外来からの最重症患者を治療する救命救急センターICUが22床、院内急変や術後患者を診療する院内ICUが8床です。集中治療室には年間約1200名の患者が入室しています。

その内訳は、

■内因性疾患 約75%
■外因性疾患 約25% 

となっており、
急性心筋梗塞や呼吸不全、急性腎障害、多発外傷、敗血症、急性薬物中毒といった救急疾患から、大手術後(心臓手術、食道がんなど)などの重症患者の急性期を治療します。高度救命救急センターである当センターでは、多発外傷や広範囲熱傷、薬物中毒の症例も多く扱います。

救急病室

救急外来から入院が必要な患者さんで、集中治療室での治療は必要ではないが、重症で綿密な管理が必要な患者さんが入院するところです。年間約2500名の患者さんが入院し、病状が安定すれば一般病床に転病棟します。平均入室期間は1.5日です。

研修と教育

多くの患者を診療する高度救命救急センターでは、医師(初期・後期研修医を含む)の教育に力を入れています。救急外来では屋根瓦方式の救急教育を行います。集中治療室では、重症患者の全身管理に必要な知識・手技だけではなく、患者カンファランスにおけるケースプレゼンテーションの手法にも力を入れ、短期間での病状把握能力を養い、かつ学会発表にも役立てるように指導しています。

救命救急センターとしての取り組み

2016年よりステーション方式のドクターカー体制を試験的に導入し、2017年より本格的に稼働する見込みです。この体制が確立すると、より早く重症患者さんにアプローチでき、治療を開始することができるようになり、患者さんの救命率の向上に役立つものと思われます。