ホーム  >  外来・入院のご案内  >  外来について  >  セカンド・オピニオン外来

セカンド・オピニオン外来

セカンド・オピニオン外来

セカンド・オピニオン外来について

セカンド・オピニオン外来は、既に他の医療機関で診療を受けている患者さんを対象にして、当センター医師(部長・副部長・専門医)が現在の診断、治療に関する意見やその疾病に係る治療方法などの情報を提供することで、納得できる医療を選択できることを目的としております。
よって、セカンド・オピニオン外来は健康保険外の自由診療とし、新たな検査や治療は行いません

セカンド・オピニオン利用条件

対象となる方

相談は、患者さん本人の来院を原則とします。
ただし、患者さん本人の合意書(「セカンド・オピニオンに対する同意書」)があれば、患者さんご家族(二親等以内)だけでも相談できます。なお、患者さんが18歳未満の場合は、同意書は不要です。
 

お受けできない場合

・主治医に対する不満や過去の治療に対する不満に関する相談
 

・医療訴訟や医療給付などに関する相談

 

・死亡された患者さんを対象とする相談
 

・労災・交通事故に起因する疾患に関する相談
 

・治療・検査などの医療行為を求める相談

 

・当センターへの転院を前提とした相談
 

・診療情報提供書や検査資料などの提出が得られない相談

 

・その他、相談に応じることが困難又は不適当と病院が認めた相談

 

 

対象疾患

セカンド・オピニオン外来実施診療科及び対象疾患は、こちらをご参照ください。
※ 上記以外の診療科では、現在セカンド・オピニオン外来を実施しておりません。ご了承ください。

平日で完全予約制となります。  
相談時間は1回(60分以内)とさせていただきます。  
(日時は担当専門医と調整し決定いたします。)

料金

セカンド・オピニオン外来は、健康保険外の自由診療となります。
相談料金は21,600円(税込)となります。
 

ご用意いただく資料など

・主治医からの診療情報提供書(紹介状)

 

・検査データ及びレントゲンフィルムなど


・相談者本人を証明するもの(保険証、運転免許証) 

※相談者が患者さん本人でない場合は、下記の書類もご持参ください。


セカンド・オピニオンに対する同意書(患者さんが18歳未満の場合は不要)


・患者さんとの続柄を示す書類(住民票・戸籍抄本・健康保険書など)

予約申込み方法及び受診の流れ

セカンド・オピニオン外来申込書を印刷 してください。印刷できない方は予約センターへ電話にてご請求ください。
注)ご家族のみの場合、患者さん本人の同意書セカンド・オピニオンに対する同意書も必要です。

患者さんの現在の主治医に紹介状(診療情報提供書)・検査データ・レントゲンフィルムなどの資料をご依頼ください。その際、全ての資料が揃う日をご確認ください。

注)紹介状をお持ちでない場合、セカンド・オピニオン外来をお受けできません。
注)必要に応じて、診療情報提供書、検査データ
などの資料を事前にお持ちいただくことがございます。

申込書をご記入の上、FAX、郵送、又はご持参ください。
注)申し込みの内容により担当医師を決定しますので、なるべく具体的にご記入ください。抽象的だと、専門性の高いお話をすることが難しくなります。

お送りいただいた申し込み内容を、確認し相談の可否を決定します。
その後、専門性を考慮し、相談医師を決定します。
注)申込書の内容を確認する為に、ご連絡させていただく場合がございます。

相談日時を決定し、ご連絡します。
注)ご連絡まで数日かかる場合もございますのでご了承ください。

相談日当日は、相談時間の15分前迄に本館1階・予約センターまでお越しください。

相談終了後、お会計していただき、資料をご返却いたします。

担当医師が報告書を作成し主治医に郵送いたします。

予約申込み・問い合わせ先

医療連携課 予約センター 受付時間
FAX 0120-937-510
平日の午前9時~午後7時
土曜の午前9時~午後1時
※祝日を除く
TEL 0120-936-385
申込み期限:希望日前日の午後7時まで
ただし、希望日が月曜日の場合は前週土曜日の午後1時まで