ホーム  >  外来・入院のご案内  >  入院・面会について  >  入院生活について

入院生活について

スタッフステーション
24時間看護師がいます。わからないことがあればお気軽におたずねください。
食事
朝食は午前8時、昼食は正午、夕食は午後6時となっています。
談話室、自炊室、集膳室、給湯室の設備について
オーブントースター、電子レンジ、電磁調理器〔南館のみ(使用可能な鍋は、底が平らなステンレス・ホーロー・鉄製のもの)〕があります。また、給湯、給茶も行っています。
洗濯室
各病棟には洗濯機、乾燥器が備わっています。使用時間は病棟毎に異なります。
コインランドリーが南館の地下にもあります。使用時間は午前6時〜午後9時です。
禁煙・禁酒
敷地内は、すべて禁煙です。
飲酒は禁止です。
BGM
午前7時〜午後7時までながれます。各お部屋に音量調節スイッチがあります。

入院中お守りいただく事項

  • 入院中は医師、看護師および職員の指示に従ってください。
  • 大声を発したり、みだりに他病室へ出入りしたり、他の患者さんのご迷惑になる行為はご遠慮ください。
  • 運動、喫煙、入浴、外出、外泊などは、必ず主治医の許可を受けてください。
  • 携帯電話の使用については、マナーを守ってください。
    個室、連絡廊下については通話可能ですが、多床室での通話はご遠慮ください。
    ただし、医療機器周辺1m以内については、電源をお切りください。
  • 消灯時間は病棟により異なりますが午後9時〜午後10時までの間となっています。
  • 諸事項をお守り頂けない場合、退院していただくことがあります。
  • その他
  • 全館のテレビ・冷蔵庫は備え付けプリペイドカード方式となっており、カードは各館エレベーターホールまたは、談話室の自動販売機にてお買い求めください。
  • テレビカード精算機は、本館1階待合ホールに設置しています。
  • テレビ、電機ポットなどの持込みは、お断りいたします。
  • 多床室でのテレビの視聴については、他の患者さんのご迷惑にならないよう、イヤホンでご利用ください。

看護、食事療養、付添いについて

当センターは、一般病棟7対1入院基本料、入院時食事療養(Ⅰ)の承認病院です。

  • 厚生労働大臣が定める基準による看護を行っている保険医療機関です。
    当病棟では、基準以上の看護職員が勤務しています。患者さんの病状に応じた必要な看護は看護師がいたしますので、付添いの必要はありません。
    なお、手術後や重症の場合などで、特にご家族またはご親族の付添いを希望される場合は、主治医または病棟看護師長にご相談ください。許可された方には、「付添い許可バッジ」をお渡しいたします。
    付添い許可バッジをお持ちでない方については、面会時間の厳守をお願い申し上げます。
  • 食事は治療の一環として、皆さまの病状回復の促進を図ることを目的とし、提供しています。

退院・転院について

当センターは救急医療や高度専門医療を提供する急性期医療機関となっております。
国は全国の病院の機能をより鮮明にしていくことによって、効率のよい医療を行うことを目指し、救急医療を行う急性期医療機関、回復期や療養が必要な患者さんのための回復期、療養型医療機関の機能分離政策を進めております。

 

当センターにおきましても急性期の治療がおわり、病態が安定し主治医の許可がおりましたら退院または転院の手続きをさせていただきますのでご理解のうえ、ご協力の程よろしくお願い致します。