ホーム  >  診療科・部門一覧  >  放射線診断科  >  基本情報

放射線診断科


当科について

ご案内

場所

本館4階

受付時間

新患:8時〜17時まで
再来:8時〜17時まで

特色

放射線診断科は日本医学放射線学会が認定する放射線科専門医総合修練機関です。現在、診断専門医5名と修練医3名、救急医1名の計9名が在籍しており、近年の画像診断の急速な進歩に追従するための高度な専門性を追求し、CTやMRI、シンチなどの医療用画像に対する正確で有用なレポート作成と画像を利用した治療(Interventional Radiology; IVR)に特化した診療科として活動しております。現在当科は3台のCT(320列が1台、64列が2台)と3台のMRI(1.5テスラ2台、3テスラ1台)を有しています。CT検査に関しては今年度からは逐次近似法という画像再構成の技術の発達を用いて、従来のCTに比べて圧倒的に少ない被ばくでの肺がんCT検診も可能になりました。またMRIでも常に新しい撮像法を取り入れ、可能な限り臨床診断に貢献できるよう努めております。また最近のトピックでもありますが、CTやMRIの新しい技術を通じて、従来の形態画像(病変の形を正確に描出する)から機能画像(病変の血流の多寡や内部構造など)を提供することで、症例によっては今まではわからなかった情報も付加的に提示することで診断に深みを付けています。さらに多くの研究会・学会に参加/発表することにより、さらなる最新の見識を習得し、日々の診療に反映すべく、日々努力・研鑽をつんでおります。

CT検査

現在CTは3台(320列が1台、64列が2台)のCT装置を用いて検査を行っております。特に、2016年9月には当センターにも320列のX線検出器を実装した最新ADCTが運用されることとなりました。この新しいCTを用いることで、4D撮影をはじめとした高画質で有用性の高い臨床画像を提供することが可能となりました。さらに逐次近似法という画像再構成の技術の発達により、少ない被ばくで従来と同程度の画質を提供できることも可能になります。これらの新しい技術を通じて、従来の形態画像(病変の形を正確に描出する)から機能画像(病変の血流の多寡や内部構造など)を提供することで、症例によっては今まではわからなかった情報も提示できる可能性が広がります。

MRI検査

1.5テスラMRI 2台、3テスラMRI 1台の計3台で、検査を行っております。原則として、全例において撮像プランの指示を放射線科医が出しております。検査の安全かつ確実な実施に加えて、新しい撮り方(シーケンス)に対して、迅速に情報を獲得し、患者さんに還元する努力も行っております。年々、MRIに対する臨床の先生方のニーズは高まっており、この需要にこたえるべく日々精力的に撮像を行っております。

IVR

上記の画像診断業務に加えて、肝細胞がんに対する経カテーテル的化学療法・動脈塞栓治療、バルーン下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)、動脈瘤に対するコイル塞栓、超音波やCTガイド下での膿瘍ドレナージや生検といった比較的難易度の高い治療・検査も安全を担保しながら実施することで、臨床診療の側方支援を積極的に介入しております。

患者さんへ

放射線診断科はほとんどの患者さんにとってどのような医療活動をしているのかわかりにくい診療科ではないでしょうか?当科はいわば病院の "縁の下の力持ち" のような存在です。皆さんが受診される様々な診療科の先生が要望されるCT や MRI といった医療に用いる画像の専門家という立場で、安全に画像診断を遂行し、数ある画像診断の中で最適と思われる診断法を選択し、できあがった画像から最も適した診断を行い、病状の指摘をする・・・そんな診療科です。このため、皆さんに直接お目にかかる機会は少ないとは思いますが、専ら皆さんの主治医の先生と連絡を行い、よりよい治療、スムーズな治療が行われるように協力・サポート・助言などを行っています。また、時に画像を使った治療(血管の中に細い管を通して、ターゲットの血管からお薬を投与する、血流を落とすなど・・)も担当しております。こういった検査や治療をいかに効率よく、患者さんの負担を減らし、安全かつ最も有効に行われるかを常に追求し、患者さんや主治医の先生に還元するべく日々努力しています。検査などでお会いするときは、主治医の先生に比べると短い時間になるかと思いますが、一期一会の精神で快適かつ安全に検査完了するように腐心しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

地域の先生方へ

いつもお世話になり、ありがとうございます。ご紹介いただきました患者さんに対して、最適なプロトコールを用い、安全を担保しつつCT、MRIなどの画像検査を行っております。また、時にはIVRを用いた治療を通じまして、主科の"側方支援"を全力で行っております。われわれの活動により潤滑な治療戦略の構築ならびに円滑な治療の遂行を目指し、紹介いただきました患者さんに満足していただける医療の提供を心がけております。また、当科の新しい試みといたしまして、2017年夏からはWEBを通じて当センターのCT、MRIの予約が地域の先生のパソコンから24時間/365日いつでも直接行えるシステムを構築・運用する予定です。これを用いまして、当センターの医療資源を有効利用していただいて、地域の先生方との距離を縮めることで、和歌山の地域医療の向上を目指す所存です。他の診療科に比べると、当科はまだまだ歴史の浅い、未熟な診療科ではありますが、患者さんが先生方のもとにお戻りになったときに、『当科の対応がとてもよかった』とお褒めの言葉をいただけるように尽力しております。今後とも、いろいろとご指導・ご鞭撻を賜りましたら、幸甚に存じます。


スタッフ紹介

医師

梅岡 成章 (うめおか しげあき)

役職 部長
卒業年 平成10年
専門分野 画像診断
資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医

早川 延幸 (はやかわ のぶゆき)

役職 副部長
卒業年 平成16年
専門分野 画像診断
資格  

河村 晃 (かわむら あきら)

役職 医師
卒業年 平成18年
専門分野 画像診断
資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医

舌野 富貴 (したの ふき)

役職 医師
卒業年 平成18年
専門分野 画像診断
資格  

田中 宏明 (たなか ひろあき)

役職 医師
卒業年 平成21年
専門分野 画像診断
資格  日本医学放射線学会放射線診断専門医

是永 章 (これなが あきら)

役職 医師(兼)
卒業年 平成22年
専門分野 画像診断
資格  

原田 公美 (はらだ くみ)

役職 医師
卒業年 平成26年
専門分野 画像診断
資格
 

桐田 光弘 (きりた みつひろ)

役職 医師
卒業年 平成27年
専門分野 画像診断
資格
 

岩村 直樹 (いわむら なおき)

役職 医師
卒業年 平成27年
専門分野 画像診断
資格
 

山本 貴之 (やまもと たかゆき)

役職 嘱託
卒業年 平成18年
専門分野 画像診断
資格
日本医学放射線学会放射線診断専門医

前田 力 (まえだ ちから)

役職 嘱託
卒業年 平成14年
専門分野 画像診断
資格
日本医学放射線学会放射線診断専門医