ホーム  >  診療科・部門一覧  >  医療技術部(臨床工学技術課)  >  基本情報

医療技術部(臨床工学技術課)


近年、高度な医療技術の進歩により多種多様な医療機器が使用されるようになりました。これら医療機器は操作及び保守点検が適切でなければ安全で効果的な医療を行うことができません。そのため1987年に「医師の指示の下、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする者」とする臨床工学技士法が国家資格として制定されました。
当臨床工学技術課では課員15名で、血液浄化業務、手術室業務、集中治療室業務、カテ室業務、医療機器管理業務、高気圧酸素療法業務、ペースメーカー・ICD業務、RST業務、教育・研修業務を行っています。

各業務内容

血液浄化業務

血液透析時の、開始前点検、プライミング、バスキュラーアクセスへの穿刺、観察、返血を行っています。
患者状態、検査データに基づいたダイアライザ、抗凝固剤、透析療法など透析条件の提案を行っています。透析液の水質管理、透析装置、RO装置の保守点検を行っています。
透析合併症患者に対してオンラインHDFを行っています。
HHD(在宅血液透析)の導入及び管理を行っています。
DFPP、PE、LDL、G-CAP、L-CAP、PBSCH、CARTなどの血液浄化法も行っています。


手術室業務

心臓手術時における人工心肺装置、心筋保護装置、自己血回収装置の操作と整形外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科の手術における術中ナビゲーション装置の操作を行っています。
2013年5月から手術支援ロボットda Vinci Siが導入され管理及び保守点検を行っています。
また手術で使用される電気メス、麻酔器、内視鏡手術装置など医療機器の保守点検、管理及びトラブル時の対応を行い、安全に手術が行えるよう業務しています。


集中治療室業務

集中治療室では人工呼吸器、血液浄化装置、補助循環装置(PCPS、IABP)など多種多様な医療機器を使用され集中的な治療が行われています。これらの医療機器の操作および保守管理を行っています。


カテ室業務

心臓カテーテル検査及び治療時の補助業務と、IVUS、ロータブレーターなどの操作、患者データベースの管理を行っています。また補助循環装置(PCPS、IABP)、人工呼吸器、体外式ペースメーカーなどの操作及び管理も行っています。


医療機器管理業務

医療機器中央管理室を設置し、輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、術後疼痛緩和用ポンプなど、医療機器の貸出、使用前、使用後点検や定期点検、不具合時の対応を行っています。人工呼吸器については使用中の点検、医師の指示の下での設定変更を行っています。
管理している医療機器は約2,500台でデータベースを作成し効率的に管理しています。
また在宅人工呼吸療法、在宅持続陽圧呼吸療法、在宅酸素療法、在宅中心静脈栄養法、在宅成分栄養経管栄養法の窓口としての業務も行っています。


高気圧酸素療法業務

第一種装置を用いて施行しています。導入時の説明、開始前の安全チェック、施行中の観察を行っています。


ペースメーカー・ICD業務

植込みや電池交換時のプログラマー操作やペースメーカー外来でのチェック、手術時の立会い、トラブル時の対応を行っています。


RST業務

医師、看護師、理学療法士、歯科衛生士とチームを組み、人工呼吸器装着患者に対して病棟点検ラウンドを行っています。


教育・研修業務

医療機器をより安全に使用出来るように院内スタッフに対して研修会を開催しています。
臨床工学技士養成校の臨床実習生の受け入れを行っています。


臨床実習生受入実績

年度 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
受入人数 1 5 7 4 5 9 0 3 3 6 10 13 8

参画している院内専門委員会

  • 医療機器安全管理責任者
  • 医療安全管理委員会
  • 院内感染対策チーム
  • 医療機器整備委員会
  • 手術室医療機器整備委員会
  • 診療材料購入審査委員会
  • 放射線診断機器整備委員会
  • 血管撮影装置整備委員会
  • 第一種・二種感染症病床など対策委員会
  • 医療ガス安全管理委員会
  • 透析機器安全管理委員会

取得している学会認定制度

  • 呼吸療法認定士
  • 臨床ME専門認定士
  • 透析技術認定士
  • 体外循環技術認定士
  • 臨床高気圧酸素治療技師

業務体制

  • 技術レベル維持のためローテーション勤務を行っています。
  • 当直体制にて緊急業務に対応しています。


医療技術部(臨床工学技術課)