ホーム  >  診療科・部門一覧  >  感染症内科  >  概要

感染症内科


当科について

ご案内

場所 西館1F

当診療科について

感染症への対応は、すべての科で避けて通れません

当センターは、全例応需の高度救命救急センターを有する総合病院ですので、どの科においても感染症は避けて通れません。
今まで当センターでは、感染症はそれぞれの科で対応しており、感染症内科部が設立されても、こうした基本的な対応は変わりません

 

感染症科はコンサルタント

その上で感染症内科部が担うべき最大の役割の一つは、各科が感染症の診断・治療に難渋する症例について、臓器別・専門分野別の科とは違った視点をもって、横断的な立場で、一例ずつきめ細かく相談に応じていく、というコンサルテーションです。
 

医療関連感染(Healthcare-associated infections;HAI)が問題

以前から「院内感染」という単語が広く用いられていますが、近年、


「医療関連感染(healthcare-associated infection: HAI)」

という用語がつかわれるようになりました。

 

この背景には、

 

  • ・高齢者や悪性腫瘍・移植患者などの免疫低下者の増加
  • ・免疫抑制剤・生物学的製剤や様々な生体内デバイスの開発などの侵襲的医療の発達
  • ・在宅医療や長期ケア施設での感染管理の重要性が増したこと

などがあります。

既存の臓器別専門科の診療のみでは対応に難渋する例があり、こうした問題に対応する必要があります。

※HAIの定義 ⇒「医療提供の場に関わらず医療が提供された患者に発生する感染」と定義されている(Siegel, Rhinehart, Jackson & Chiarello,2007)。

渡航に関連した感染症

特殊な分野として、渡航に関連した感染症(輸入感染症、熱帯感染症)があります。誰でも海外に旅行や仕事で行く時代になりましたが、海外には日本と違う感染症がたくさんあります。中には命にかかわるような疾患もあります。渡航前に、どんな感染症が現地で流行しているのかを知り、必要なワクチンを接種したり、予防内服したりすることで自分の身を守ることが大切です。
また、当センターは一類・二類感染症を扱う指定医療機関です。まれではあっても遭遇しうる疾患への準備や対応する必要があります。

情報のネットワークが大切

全臓器にわたる専門各科での難渋例や渡航に関連した特殊疾患に対応するためには、(1)部門横断的対応(チーム医療といいます、各科や細菌検査室などとの連携が必須です)と、(2)インターネッ トなどによる文献検索、(3)他専門医療機関(保健所などの感染症情報センターや他感染症専門施設)との連携、といった情報のネットワークが必須です。これからも、その整備を進めていきます。

感染予防・制御の専門は「ICT」の業務

感染予防・制御に関しては、院長のもとに開かれる院内感染対策委員会と、その実働部隊としての「ICT(Infection control team)」があり、こちらは管理部門(中央部門)の一つです。
感染症科は、ICTとは異なり、実際の診療を行う部門ですが、ICTの活動にも協力しています。

熱がある≠「感染症」

発熱は、感染症だけでなく、悪性腫瘍や膠原病、外傷・術後や血栓症など、いろいろな原因があります。こうした発熱の原因となる問題の解決には、相応の専門科に相談して治療する必要があります。
総合病院の良さを十分に生かして、当センター全体の感染症診療のレベルの向上に貢献できればと思います。

細菌検査室と協力し、検査結果解釈に関する診療支援

血液培養の陽性報告、および、臨床的に重要・特殊な細菌検査結果に関し、診療支援の一環として、感染症科から各科先生方に、お電話またはカルテ記載をさせていただきます。これは介入といった強制的なものではなく、「微生物検査結果側から、情報を最大限に引き出し、臨床側に有益と思われる事項をフィードバックする」、というコンセプトに基づいています。

その上で、各科先生方が一筋縄ではいかないと思われたら、当科へ他科受診をしていただいています。

当診療科の理念

“感染症内科部は、感染症から人々を救うため、黒子となって働きます。”

当診療科の目標

  • ・院内での感染症に対する意識の向上
  • ・医療関連感染拡大の防止
  • ・渡航に関する感染症疾病の予防と治療
  • ・感染症アウトブレイク時の緊急対応支援

当診療科の活動

  • 院内全科で直面している感染症難渋例の診断・治療のコンサルテーション
  • 抗菌薬の適正使用の促進
  • 研修医・看護師・コメディカルへの教育
  • 輸入感染症(熱帯感染症)、渡航前後の感染症疾患に対する外来診察
  • 1類・2類感染症疾患に対して、他科および他専門医療機関と連携して対応
  • 感染予防・制御に関して、院内ICTの支援・協調
  • 国際的な感染症対策ネットワークの構築・協調

患者さんへ

感染症専門医は、当県には数えるほどしかいません。(日本感染症学会ホームページ参照)

感染症と一口にいっても、かぜやインフルエンザなど「抗生物質は効かない」が自然に治ることが多い感染症から、心内膜炎や脊椎炎といった専門的な精査・治療を要する感染症までいろいろあります。やっかいなことに発熱の原因は多岐にわたりますので、どこを受診していいかわからなかったり、各科専門医を受診してもなかなか診断がつかない場合があるかと思います。

一般的な感染症は、地域のかかりつけ医や救急外来等で対応できますので、いきなり当科へ受診される方は少ないです。しかし、各科専門医などを受診しても対応に苦慮するような場合や、海外渡航後の発熱等受診先を探しにくい場合で、感染症の可能性がある場合には、当科へ受診してください。とくに、既に他の医療機関を受診されているのであれば、必ず紹介状・検査結果等を持参ください。もちろん感染症内科へ受診されても、感染症ではなくリウマチ科や悪性腫瘍など他科の病気のこともありますが、必要に応じて各科と連携しながら総合的に診療させていただきます。


地域の先生方へ

大変お世話になっております。また、いつもご紹介をいただきまして大変ありがとうございます。

原因不明の発熱で御紹介いただくことが近年増加しています。原因がわかり次第、フィードバックするよう努めていますが、精査には時間がかかります。連絡が遅い場合で、経過が気になる場合にはいつでもお問い合わせいただければ幸いです。

なお、発熱の精査では、かなり初期の段階で(とくには、抗菌薬を投与する必要がある場合には、その前に)血液培養2セット以上を採取する、というのが定石となっています。この検査はプライマリケアの現場では必ずしもできない検査と伺っています。原因不明で御紹介いただく場合には、できるだけ事前の抗菌薬投与をしないで御紹介いただけますと、よりよい病診連携ができますので、よろしくお願い申し上げます。

抗菌薬を急ぎで投与した方がよさそうな状況(敗血症疑い、細菌性髄膜炎疑い等)だが原因がはっきりしない場合は、感染症内科部ではなく、救急外来へ御紹介ください。その方が、培養検体採取後、抗菌薬投与まで迅速に対応できます。


スタッフ紹介

医師

大津 聡子 (おおつ さとこ)

役職 部長
卒業年 平成7年
専門分野  
資格 公衆衛生修士(MPH)
熱帯医学衛生学位(DTMH)
日本内科学会認定医
日本プライマリケア連合学会認定医
国際渡航医学認定(CTH)
インフェクションコントロールドクター(ICD)

古宮 伸洋 (こみや のぶひろ)

役職 副部長
卒業年 平成12年
専門分野  
資格 日本感染症学会評議員
公衆衛生士(MPH)
日本感染学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本プライマリケア連合学会認定医
国際渡航医学認定(CTH)

久保 健児 (くぼ けんじ)

役職 副部長
卒業年 平成15年
専門分野 感染症診療、救急、ICT業務
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本感染症学会感染症専門医
日本救急医学会認定救急科専門医

小林 謙一郎 (こばやし けんいちろう)

役職 医師
卒業年 平成19年
専門分野  感染症診療
資格 公衆衛生学修士(MPH)
熱帯医学衛生学位(DTMH)
日本感染症学会専門医
日本内科学会認定内科医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
国際渡航医学認定(CTH)

大棟 浩平 (おおむね こうへい)

役職 医師(兼)
卒業年 平成23年
専門分野 腎臓病、感染症、シャント設置
資格 日本内科学会認定医
日本腎臓学会腎臓専門医

水野 真介 (みずの しんすけ)

役職 医師
卒業年 平成25年
専門分野 小児感染
資格  

山本 舜悟 (やまもと しゅんご)

役職 嘱託
卒業年 平成14年
専門分野  
資格 国際旅行医学会旅行医学認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本医師会認定産業医
インフェクションコントロール(ICD)
日本感染症学会感染症専門医

疾患・治療

感染症科のこれまでの相談例

感染症が考えられる状況での、診断・治療に関する相談です。

相談例
  • ・発熱、左肩痛、腰痛で来院し、血液培養2セット採取、尿培養採取、胸部X線検査などfever work-upを行っているが、原因がわからない。どうしたらいいですか?
  • ・化学療法後の発熱に対し第4世代抗菌薬を使用中だが、微熱が続く、どうしたらいいですか?
  • ・血液培養からAcinetobacter lwoffiiが検出されたが、治療をどうしたらいいですか?
  • ・皮膚培養からScedosporium spp.が検出されたが、治療をどうしたらいいですか?
  • ・バンコマイシンの長期投与を考えているが、血中濃度測定と投与方法の調節をどうしたらいいですか?

12月某日にフォローさせていただいている科の内訳です(各科1~3例)


トラベルクリニック(渡航外来)について

当外来では国際的な渡航医学の専門資格を有する医師により、ワクチン接種やマラリア予防内服などを含めた渡航に関する医学的なアドバイスを行います。また留学などでワクチン接種の証明が必要となる場合には証明書の発行を行います。

海外へ渡航される方、特に熱帯地域への旅行、登山など冒険的な旅行、出張、留学を予定されている方、あるいは持病を抱えた方などが安心して渡航するためのお手伝いをしたいと考えています。また渡航後に発熱や下痢を来たした場合など、渡航に関連した病気が疑われる場合にも対応いたします。

渡航外来の具体的な内容について

渡航前相談

  • 海外渡航に関連した健康相談や情報提供
  • ワクチン接種
  • マラリア予防内服(メファキン®、マラロン®)処方
  • 高山病予防薬(ダイアモックス®)処方
  • 英文診断書・証明書の作成

渡航後相談

  • 渡航との関連が疑われる発熱、下痢など
  • 熱帯病(マラリア、デング熱など)を疑う場合

予約について

外来は、原則として予約制で毎週月曜日と木曜日の10:00~16:00に行います。
予約およびご質問は下記の連絡先までお電話ください。

受診料について

渡航前の受診に関しては保険診療適応外であり、自費による自由診療となることをあらかじめ御了承ください。
(渡航後に下痢や発熱などで受診された場合は一般の保険診療適応となります)

相談料: 2,160円
診断書発行料:5,400円

渡航外来料金一覧(平成28年8月1日現在)

名 称
料 金
相談料(初診から3か月以内)
2,160円
破傷風
6歳未満
4,510円
6歳以上
3,700円
水痘
6歳未満
8,556円
6歳以上
7,746円
麻疹
6歳未満
7,121円
6歳以上
6,311円
風疹
6歳未満
7,133円
6歳以上
6,323円
MR(風疹・麻疹)
6歳未満
10,520円
6歳以上
9,710円
ムンプス
6歳未満
7,145円
6歳以上
6,335円
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
6歳未満
5,587円
6歳以上
4,777円
三種混合
(百日咳・ジフテリア・破傷風)
6歳未満
5,614円
6歳以上
4,804円
四種混合
(百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオ)
6歳未満
11,431円
6歳以上
10,621円
A型肝炎
6歳未満
8,054円
6歳以上
7,244円
B型肝炎
6歳未満
6,177円
6歳以上
10歳未満
5,367円
10歳以上
5,622円
日本脳炎
6歳未満
7,646円
6歳以上
6,836円
ポリオ
6歳未満
10,212円
6歳以上
9,402円
狂犬病
6歳未満
15,986円
6歳以上
15,176円
肺炎球菌(プレベナー13)
6歳未満
12,253円
肺炎球菌(ニューモバックスNP)
6歳以上
6,996円
インフルエンザ
右記の1,500円は和歌山市在住の方が対象です。他の方は5,076円です。
65歳未満
5,076円
65歳以上
1,500円
ヒブワクチン
1回
8,684円
マラリア予防薬
1錠
849円
ツベルクリン反応検査
1回
746円
ジフテリア
1回
4,486円
髄膜炎ワクチン
6歳未満
24,827円
6歳以上
24,017円


(上記金額には消費税を含む)

連絡先
日本赤十字社 和歌山医療センター 健康管理センター
TEL 073-422-4171(内線1470)