ホーム  >  診療科・部門一覧  >  国際医療救援部  >  赤十字の歴史

国際医療救援部

赤十字の歴史

赤十字の創始者:アンリー・デュナンについて

スイス人の実業家であったアンリー・デュナンは、1859年6月にイタリア統一戦争の激戦地で目撃した惨劇で、「傷ついた兵士はもはや兵士ではない。敵味方関係なく救護されるべきだ」と地元住民と協力して救護にあたり、これが赤十字発祥のもととなりました。
その後、彼は「ソルフェリーノの思い出」を出版し、その中で以下3点の必要性を訴えました。

1 戦場における負傷者と病人は敵味方なく救護すること
2 そのための救護団体を平時より各国に組織すること
3 この目的のために国際的な条約を締結しておくこと
これに賛同したヨーロッパ16カ国が参加しての国際会議の場において、1863年に赤十字規約が制定されました。さらに1864年にはジュネーブ条約(赤十字条約)も調印されました。

のちに彼はこの功績が認められ、1901年に第1回のノーベル平和賞を受賞しています。