ホーム  >  がん診療への取り組み  >  ご案内一覧  >  地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院

がん診療連携拠点病院とは、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん診療の均てん化(地域間の診療レベルの格差を無くし質の高いがん医療を提供)のために、地域におけるがん診療連携を推進する中核となる病院です。厚生労働大臣が、都道府県知事からの推薦を受け、整備指針に基づき指定します。各都道府県に対し、都道府県単位で1施設の「都道府県がん診療連携拠点病院」と、2次医療圏に1ヶ所の「地域がん診療連携拠点病院」の設置を求めています。
当センターは「地域がん診療連携拠点病院」に指定されています。