ホーム  >  がん診療への取り組み  >  ご案内一覧  >  がん診療連携

がん診療連携

がん診療連携(病診連携・病診連携の協力体制)

  • 地域の医療機関から紹介されたがん患者さんの受入れを行うこと。また、がん患者さんの状態に応じ、地域の医療機関へがん患者さんの紹介を行うこと。
  • 病理診断又は画像診断に関する依頼、手術、放射線療法又は化学療法に関する相談など、地域の医療機関の医師と相互に診断及び治療に関する連携協力体制を整備すること。
  • 我が国に多いがんについて、地域連携クリティカルパス(がん診療連携拠点病院と地域の医療機関などが作成する診療役割分担表、共同診療計画表及び患者用診療計画表から構成されるがん患者さんに対する診療の全体像を体系化した表をいう。以下同じ。)を整備すること。
  • 地域連携クリティカルパスを活用するなど、地域の医療機関などと協力し、必要に応じて、退院時に当該がん患者さんに関する共同の診療計画の作成などを行うこと。