ホーム  >  和歌山医療連携ネットワーク  >  ご案内一覧  >  細則

細則

日本赤十字社和歌山医療センター医療連携ネットワーク運用細則

入会手続

第1条

  • 入会を希望する医師は、入会申請書(第1号様式)に必要事項を記入し、写真(2cm×2.5cm)2枚を添え、事務局に提出する。(郵送可)
  • 有効期間については、有効期間終了年の年度末までとする。
  • 入会費は、無料とする。

会員からの患者紹介

第2条

  • 会員は、当センター発行のタッグシールを紹介状に添付する。
  • 紹介患者(会員から当センター)さんは、新患受付窓口に会員紹介状を提出する。
  • 時間外診療に関しては、救急外来受付に提出する。なおこのときは、会員はできるだけ救急当直医に電話などで予め連絡する。
  • 往診先などで紹介状作成が出来ない場合は、後日送付する。

紹介を受けた当センターの対応

第3条

  • 紹介状に対する返事は必ず書くこととする。
  • 紹介された患者さんは、当センターにおける必要な治療が終わり次第、紹介元へ転医させることを原則とする。

会員の当センター訪問

第4条

  • 患者訪問あるいは診察、主治医などとの意見交換などについては、予め関係者に対して連絡を必要とし、その連絡窓口は、日時調整などを含めて医療連携課が担当する。
  • 会員が来院した際には、医療連携室において、会員訪問記録簿に記入し受付を行うこととする。
  • 会員の更衣室、休憩室、主治医との意見交換の場として、医療連携室を使用する。当センター立ち入りについては、「会則」第5条に従う。なお、白衣は当センターが用意するが、その着用は会員の自由とする。
  • 会員が車で来院する場合は、駐車場係に会員証を提示することにより、無料で利用できるものとする。
  • 来院時間は、原則として当センターの診療日の午後1時から午後5時30分とするが、特別の事情がある場合はこの限りではない。

会員の医学集会への参加

第5条

  • 当センター医療連携課から、会員に直接通知する。
  • 各種行事の問い合わせの窓口は、医療連携課が担当する。

    TEL 0120-965-582
    FAX 0120-937-510

附則

  • この運用細則は、平成12年9月25日から実施する。
  • この運用細則は、平成17年10月1日一部改正。
  • この運用細則は、平成19年7月1日一部改正。