ホーム  >  医療関係者の方へ  >  医療連携総合支援センターのご案内  >  医療連携総合支援センターについて

医療連携総合支援センターについて


 地域医療連携は、地域の医療機関が機能分担や専門化を進め、相互に円滑な連携を図り、切れ目のない医療をサポートする診療体制です。機能分化は、高度な医療や効率的な医療を可能にしますが、一方で安全で安心な医療を提供する必要があります。
 当センターは地域医療支援病院としての承認を受けており、医療連携総合支援センターは、地域の先生方や医療従事者の皆様との信頼関係が構築できるようにさまざまな業務を行っています。他院からの紹介に対して診察や検査の予約を円滑に行うこと、地域の先生方へ適切な診療情報を提供することなどが基本的な業務です。かかりつけ医紹介サポートを通して、症状の安定した患者さんを地域の医療機関へ紹介することに努めています。入院患者さんについては、急性期治療の終了後に適切な転院をしていただくため、連携医療機関と密に情報交換を行っています。
 地域医療の質の向上を図り、「連携だより」を通じて当センターの診療内容の紹介を行っています。医療連携ネットワーク会員の皆様には院内講演会への参加を含めてさまざまな特典があり、年に1回顔の見える医療連携として講演会と懇親会からなる連携の集いを開催しています。また、和歌山医師会と共同して講演会を開催し、各診療科単位での研修会・症例検討会も行っています。
 医療連携総合支援センターは各医療機関との連携を通じて、医療の質と安全性を高め、信頼される医療の提供を目指しています。皆様のご理解とご支援を宜しくお願いいたします。

医療連携総合支援センター
百名 克文

医療関係者の方へ


医療連携総合支援センター 組織図

業務内容

医療連携支援

  • 病院・医院への訪問
  • セカンドオピニオン予約受付業務
  • 返書管理業務
  • 紹介初診患者受診予約受付業務
  • 時間外、土曜日予約受付業務
  • 予約センター新患受付業務

後方支援

  • 転院体制の構築(アライアンス連携)
  • 逆紹介患者支援業務(かかりつけ医紹介サポート)
  • 他医療機関への受診予約業務

連携医療機関支援

  • 診療科主催の研修会・症例検討会開催支援
  • 和歌山市医師会との合同学術講演会の開催
  • 医療ネットワークの集い開催
  • 地域医療連携和歌山ネットワーク(実務者)の会開催
  • 地域連携パス情報交換会の開催(大腿骨、脳卒中)
  • 広報誌「ガイダンス」作製業務
  • 広報誌「医療連携だより」作製業務

施設基準申請等業務

  • 地域がん診療連携拠点病院申請業務
  • がん治療連携計画策定料申請業務
  • 地域医療支援病院申請業務
  • がんサロン関連業務