ホーム  >  新着情報  >  お知らせ  >  職員の結核発症に関するお知らせとお詫び

職員の結核発症に関するお知らせとお詫び

2016年09月20日

 この度、本センターに勤務している看護師が、結核に罹患していることが判明しました。
 本センターで治療中の患者様及びご家族の皆様には、多大なるご心配とご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。
 当該職員は、勤務中マスクを着用しており、感染対策には万全を期しておりましたが、和歌山市保健所と協議の結果、当該職員が勤務していた下記期間に、 接触した可能性のある患者様を接触者健診の対象とすることを決定いたしまし た。該当する患者様には、9 月 20 日にお知らせの文書を送付いたしました。

≪健診対象者≫
平成 28 年 6 月 1 日~9 月 3 日までの期間に入院されていた方で、以下の①
又は②に該当する方
①当該職員の勤務日に14日以上入院していた方
②当該職員が担当していた方で7日以上入院していた方

なお、現在対象となっている患者様以外におかれましては、現時点では検査 の予定はございませんが、今後、接触者健診の状況により、健診をお願いする 可能性もございます。その際は、お知らせの文書を送付させていただきます。
また、健診受診のお知らせの通知がない場合でも、2 週間以上続く、原因不明 の咳や痰、発熱といった症状がある場合は、速やかに外来主治医にご相談をお 願いします。

<本件に関するお問い合わせ先>
平日 9:00~17:00
日本赤十字社和歌山医療センター
結核健診担当
電 話: 073-422-4171(代表)
内線 7373