ホーム  >  看護部  >  看護部について  >  活動紹介

活動紹介


看護部活動紹介

看護部には、当センターで働く看護職員約1,000名が所属しており、センター内で一番大きな部署です。
病棟・外来・手術室など各部署に配属されています。
当センターの看護部はこのように大勢の職員がいますが、看護部方針「和を大切にします」のもとに、
いざという時の結束は固く、一致団結して行動できる団結力が自慢です。

日赤和歌山医療センター 「看護週間」

毎年5月12日の「看護の日」を含む週を「看護週間」として「つなごう愛の手、看護の力で」をメインテーマとし、皆様と共に健康について考えるイベントを実施しています。参加費は無料で、下記のようなイベントを開催しています。

  • 健康に関する講演会
  • 各種相談(看護相談や栄養相談など)
  • 各種測定(血圧測定・体脂肪測定など)
  • リラクゼーション

…など。このように、毎年「看護週間」には、皆様に健康に興味を持ってもらえる催しを企画しています。

看護の日について

21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、介護の心、助け合いの心を広くみんなが分かち合うことが大切です。
1965年、国際看護協会は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日を「看護の日」と定めました。日本においては、1990年に厚生省(現厚生労働省)が「看護の日」を制定し、1991年から全国的に行事が展開されています。

《看護週間の様子》


看護外来とは

疾病を持ちながら地域で療養・社会生活を営む患者やその家族などに対し、生活が円滑に送れるように、個々の患者やその家族などに応じた特定の専門領域において診療の補助や療養上の世話を提供する場の外来です。看護外来では一定の時間と場を確保し、生活に伴う症状の改善や自己管理の支援などを医師や他職種と連携して看護職が主導しておこないます。

 

当センターでも助産師・看護師が「看護外来」を実施しています。

詳しくは当センターホームページの各診療科ページをご覧ください。
 

看護外来名 主な実施場所
ストーマ外来 外科外来
フットケア外来 糖尿病・内分泌外来
治療選択外来 血液浄化センター
在宅自己腹膜灌流外来 血液浄化センター
在宅血液透析外来 血液浄化センター
ローリスク妊婦外来 産科外来
母乳外来 産科外来
2週間検診外来 産科外来
禁煙外来 呼吸器外来
COPD外来 呼吸器外来
造血幹細胞移植後フォローアップ外来 血液内科外来
腎移植後外来 血液浄化センター
糖尿病透析予防外来 糖尿病・内分泌外来
マタニティーヨガ教室 院内 会議室

つなごう 看護の“和” ~専門・認定看護師派遣の試み~

看護部の強みは、何といっても豊富な人材です。中でも県内最多人数を有する専門・認定看護師は大きな強みです。 平成27年3月からその強みを生かして、地域の看護職員の方々と共に看護したいという思いで、地域の医療施設などに専門・認定看護師を派遣し、 一緒に看護を考え実施しようという試みを始めました。

今までの研修の講師主体の活動から、現場のベッドサイドに一緒に伺い看護ケアすることで、一緒に考え、看護について話し合うことでお互いの学びを深めます。 現在までに9施設に7分野9名の看護師を派遣し、一緒に看護を実践させていただきました。


各施設の方々からは、

  • ・ベッドサイドケアの目的
  • ・手技の直接指導を受けられる
  • ・なんとなく業務をしていたが、認定看護師がきて実際の患者個々に対する対応の仕方のアドバイスを得たことで、どうすれば気持ちよく入院生活を過ごしていただけるかという考えをもてるようになった
  • ・行っているケアの方法などが適切かどうか疑問に感じていたが、アドバイスをもらってスタッフ間で情報を共有し、看護実践能力の向上につながっている

などベッドサイドでのケアの実施やアドバイスが良いとの評価をいただいています。
また、当センターにとっても、地域の医療機関に転院されたり、自宅に退院された患者さんが、どのような療養生活を送っているのかを知る貴重な機会をいただき、学びを深めることができています。

現在、派遣対象地区は和歌山・那賀医療圏の当センター医療連携ネットワークの会員が所属する施設、訪問看護ステーションとさせていただいてます。
費用は無料です。

お申し込みは、用紙をダウンロードしてFAX・メール・郵送にてお申し込みください。

お申し込み、お問い合わせは下記まで

 

〒640-8558 和歌山市小松原通四丁目20番地

日本赤十字社和歌山医療センター 看護管理室

担当 芝田

TEL:073-422-4171

FAX:073-426-1168

Mail:w-kangobu@kankyo.ne.jp