ホーム  >  診療科・部門一覧  >  循環器内科  >  基本情報

循環器内科


当科について

ご案内

場所

本館3F

受付時間

新患:8時〜11時30分まで
再来:8時〜11時30分まで

特色

循環器疾患全般にわたり、最新の診療を提供できるよう心がけています。年間入院患者1,600例のうち、動脈硬化性血管疾患、不整脈関連疾患、心不全関連疾患、それぞれが3分の1ずつを占めています。
動脈硬化性血管疾患は、当科ではカテーテルを用いた血管内治療を得意としています。また、危険度の低い血管病には薬物療法を、重篤な血管病には心臓血管外科と連携し手術を選ぶなど、個々の患者さんにとって適切な治療法を選択いたします。また、血管病の二次予防に、心臓リハビリテーションを積極的に行っています。
不整脈関連疾患は、専門医である花澤医師が赴任して、カテーテルアブレーションの件数が飛躍的に伸びています。特に心房細動は今後も増加が予測される疾患であり、質の高い最先端の医療提供を目指しています。
心不全関連疾患は、基礎心疾患(冠動脈・弁膜・不整脈)に対して適切な介入を行い、薬物療法+リハビリテーションで安定した病態を維持します。心不全は、完治する病態ではないため、地域の先生方と連携しながら、代償状態の維持を目標とした診療を継続します。
救急患者が多いのも大きな特徴です。救急科と連携し、年間800-900例の緊急性の高い患者が救急外来から入院しています。
学術活動は、重要であるが科学的に明らかとなっていない臨床領域に関して、学術活動を通じて適切な診療を追求しています。(参考文献一覧1)
また、京都大学循環器科関連施設として臨床研究にも積極的に参加しています。(参考文献一覧2)
 

患者さんへ

安全で最新の診療を提供できますよう、心がけております。胸が苦しい、動機がする、息が苦しい、足が腫れるなどが、心臓病を示す兆候です。これらの症状に対して、急性期病院として、適切に評価して必要な治療を行います。急性期の病態が落ち着いて、慢性の病態が安定したあとは、地域の先生方に診療の分担をお願いしています。もちろん、必要な時には随時当センターで診療を行い、病院と診療所の二人主治医制で患者さんを支えています。
循環器疾患は急な病態の変化もめずらしくありません。その際には、救急科と連携して24時間365日の対応を行っております。急な症状の変化時にも安心して受診ください。

地域の先生方へ

循環器疾患というのは、急性期を過ぎても、一部を除けばほとんどの疾患は永続的な管理が必要となります。動脈硬化疾患は、血行再建が完了しても内科的二次予防は再発予防に必須です。また心不全は根治する病態ではなく継続的な管理が必要です。当センターでは、厚生労働省の指導で、病院完結型診療から、地域完結型診療への転換を進めております。急性期の病態が落ち着いて、慢性の病態が安定したと判断される患者さんは、地域の先生方に診療の分担をお願いしています。
現在、心不全診療につきまして、地域の先生方とのネットワークを準備中です。また、診療ガイドラインを基にした、地域の先生方と共有できる病態別の循環器疾患標準診療プロトコルも準備中です。今後、患者さんにも安心して継続的な診療が受けていただけるよう、よりよい形で地域の病院・診療所の先生方との連携を目指しております。

参考文献

1. Oi M, Toyofuku M, Matsumura Y, Motohashi Y, Takahashi K, Kawase Y, Ko E, Tanaka M, Kitada M, Yuzuki Y, Tamura T, Tanaka N, Kimura T. Utility of nicorandil for the measurement of coronary fractional flow reserve. Cardiovasc Interv Ther. 2014;29:24-30

2. Kotani Y, Toyofuku M, Tamura T, Shimada K, Matsuura Y, Tawa H, Uchikawa M, Higashi S, Fujimoto J, Yagita K, Sato F, Atagi Y, Hamasaki T, Tsujimoto T, Chishiro T. Validation of the diagnostic utility of d-dimer measurement in patients with acute aortic syndrome. Eur Heart J Acute Cardiovasc Care. 2017;6:223-231

3. Tanaka M, Kanae S, Maki-Oi M, Motohashi Y, Takahashi K, Euihong K, Hanazawa K, Toyofuku M, Kitada M, Yuzuki Y, Tamura T. Comparison of the influence of right atrial septal pacing and appendage pacing on an atrial function and atrial fibrillation in the clinical situation. J Atr Fibrillation. 2016;9:1435

4. Toyofuku M, Kimura T, Morimoto T, Hayashi Y, Shiode N, Nishikawa H, Nakao K, Shirota K, Kawai K, Hiasa Y, Kadota K, Nozaki Y, Isshiki T, Sone T, Mitsudo K. Comparison of 5-year outcomes in patients with and without unprotected left main coronary artery disease after treatment with sirolimus-eluting stents: Insights from the j-cypher registry. JACC Cardiovasc Interv. 2013;6:654-663

5. Goto K, Nakai K, Shizuta S, Morimoto T, Shiomi H, Natsuaki M, Yahata M, Ota C, Ono K, Makiyama T, Nakagawa Y, Furukawa Y, Kadota K, Takatsu Y, Tamura T, Takizawa A, Inada T, Doi O, Nohara R, Matsuda M, Takeda T, Kato M, Shirotani M, Eizawa H, Ishii K, Lee JD, Takahashi M, Horie M, Miki S, Aoyama T, Suwa S, Hamasaki S, Ogawa H, Mitsudo K, Nobuyoshi M, Kita T, Kimura T. Anticoagulant and antiplatelet therapy in patients with atrial fibrillation undergoing percutaneous coronary intervention. Am J Cardiol. 2014;114:70-78

6. Ko E, Natsuaki M, Toyofuku M, Morimoto T, Matsumura Y, Oi M, Motohashi Y, Takahashi K, Kawase Y, Tanaka M, Kitada M, Yuzuki Y, Tamura T, Inoue K, Mitsudo K, Kimura T. Sirolimus-eluting stent implantation for ostial right coronary artery lesions: Five-year outcomes from the j-cypher registry. Cardiovasc Interv Ther. 2014;29:200-208

7. Natsuaki M, Morimoto T, Furukawa Y, Nakagawa Y, Kadota K, Yamaji K, Ando K, Shizuta S, Shiomi H, Tada T, Tazaki J, Kato Y, Hayano M, Abe M, Tamura T, Shirotani M, Miki S, Matsuda M, Takahashi M, Ishii K, Tanaka M, Aoyama T, Doi O, Hattori R, Kato M, Suwa S, Takizawa A, Takatsu Y, Shinoda E, Eizawa H, Takeda T, Lee JD, Inoko M, Ogawa H, Hamasaki S, Horie M, Nohara R, Kambara H, Fujiwara H, Mitsudo K, Nobuyoshi M, Kita T, Kimura T. Late adverse events after implantation of sirolimus-eluting stent and bare-metal stent: Long-term (5-7 years) follow-up of the coronary revascularization demonstrating outcome study-kyoto registry cohort-2. Circ Cardiovasc Interv. 2014;7:168-179

8. Taniguchi T, Morimoto T, Shiomi H, Ando K, Kanamori N, Murata K, Kitai T, Kawase Y, Izumi C, Miyake M, Mitsuoka H, Kato M, Hirano Y, Matsuda S, Nagao K, Inada T, Murakami T, Takeuchi Y, Yamane K, Toyofuku M, Ishii M, Minamino-Muta E, Kato T, Inoko M, Ikeda T, Komasa A, Ishii K, Hotta K, Higashitani N, Kato Y, Inuzuka Y, Maeda C, Jinnai T, Morikami Y, Sakata R, Kimura T. Initial surgical versus conservative strategies in patients with asymptomatic severe aortic stenosis. J Am Coll Cardiol. 2015;66:2827-2838

9. Watanabe H, Morimoto T, Natsuaki M, Furukawa Y, Nakagawa Y, Kadota K, Yamaji K, Ando K, Shizuta S, Shiomi H, Tada T, Tazaki J, Kato Y, Hayano M, Abe M, Tamura T, Shirotani M, Miki S, Matsuda M, Takahashi M, Ishii K, Tanaka M, Aoyama T, Doi O, Hattori R, Kato M, Suwa S, Takizawa A, Takatsu Y, Shinoda E, Eizawa H, Takeda T, Lee JD, Inoko M, Ogawa H, Hamasaki S, Horie M, Nohara R, Kambara H, Fujiwara H, Mitsudo K, Nobuyoshi M, Kita T, Kastrati A, Kimura T. Antiplatelet therapy discontinuation and the risk of serious cardiovascular events after coronary stenting: Observations from the credo-kyoto registry cohort-2. PLoS One. 2015;10:e0124314

10. Kaitani K, Kondo H, Hanazawa K, Onishi N, Hayama Y, Tsujimura A, Kuroda M, Nishimura S, Yoshikawa Y, Takahashi Y, Amano M, Imamura S, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Motooka M, Izumi C, Nakagawa Y. Relationship between diastolic ventricular dysfunction and subclinical sleep-disordered breathing in atrial fibrillation ablation candidates. Heart Vessels. 2016;31:1140-1147

11. Natsuaki M, Morimoto T, Furukawa Y, Nakagawa Y, Kadota K, Ando K, Shiomi H, Toyota T, Watanabe H, Ono K, Shizuta S, Tamura T, Inoko M, Inada T, Shirotani M, Matsuda M, Aoyama T, Onodera T, Suwa S, Takeda T, Inoue K, Kimura T. Short versus prolonged dual antiplatelet therapy duration after bare-metal stent implantation: 2-month landmark analysis from the credo-kyoto registry cohort-2. Cardiovasc Interv Ther. 2016

12. Ohya M, Kadota K, Toyofuku M, Morimoto T, Higami H, Fuku Y, Yamaji K, Muranishi H, Yamaji Y, Nishida K, Furukawa D, Tada T, Ko E, Ando K, Sakamoto H, Tamura T, Kawai K, Kimura T. Long-term outcomes after stent implantation for left main coronary artery (from the multicenter assessing optimal percutaneous coronary intervention for left main coronary artery stenting registry). Am J Cardiol. 2017;119:355-364

13. Taniguchi T, Morimoto T, Shiomi H, Ando K, Kanamori N, Murata K, Kitai T, Kawase Y, Izumi C, Miyake M, Mitsuoka H, Kato M, Hirano Y, Matsuda S, Inada T, Nagao K, Murakami T, Takeuchi Y, Yamane K, Toyofuku M, Ishii M, Minamino-Muta E, Kato T, Inoko M, Ikeda T, Komasa A, Ishii K, Hotta K, Higashitani N, Kato Y, Inuzuka Y, Maeda C, Jinnai T, Morikami Y, Saito N, Minatoya K, Kimura T. High- versus low-gradient severe aortic stenosis: Demographics, clinical outcomes, and effects of the initial aortic valve replacement strategy on long-term prognosis. Circ Cardiovasc Interv. 2017;10

14. Toyofuku M, Taniguchi T, Morimoto T, Yamaji K, Furukawa Y, Takahashi K, Tamura T, Shiomi H, Ando K, Kanamori N, Murata K, Kitai T, Kawase Y, Izumi C, Miyake M, Mitsuoka H, Kato M, Hirano Y, Matsuda S, Inada T, Murakami T, Takeuchi Y, Yamane K, Ishii M, Minamino-Muta E, Kato T, Inoko M, Ikeda T, Komasa A, Ishii K, Hotta K, Higashitani N, Kato Y, Inuzuka Y, Maeda C, Jinnai T, Morikami Y, Saito N, Minatoya K, Kimura T. Sex differences in severe aortic stenosis- clinical presentation and mortality. Circ J. 2017


スタッフ紹介

医師

田村 崇 (たむら たかし)

役職 部長
卒業年 昭和63年
専門分野 循環器全般
冠動脈インターベンション
資格 京都大学医学部臨床教授
日本内科学会認定内科医
日本循環器病学会専門医

湯月 洋介 (ゆづき ようすけ)

役職 検査部長 兼 循環器内科部副部長
卒業年 昭和55年
専門分野 循環器全般 不整脈
アブレーション、ペースメーカー
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器病学会専門医

北田 雅彦 (きただ まさひこ)

役職 副部長
卒業年 昭和63年
専門分野 循環器全般、ペースメーカー
心エコー、心臓カテーテル
資格 日本内科学会認定内科医
日本循環器病学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
ICD/CRT研修修了証取得者

豊福 守 (とよふく まもる)

役職 副部長
卒業年 平成3年
専門分野 循環器全般
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器病学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本心臓リハビリテーション学会指導士

田中 麻里子 (たなか まりこ)

役職 副部長
卒業年 平成9年
専門分野 循環器全般、不整脈
ペースメーカー
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器病学会専門医
日本不整脈学会専門医
ICD/CRT研修修了証取得者

花澤 康司 (はなざわ こうじ)

役職 副部長
卒業年 平成16年
専門分野 循環器全般、不整脈
資格 日本内科学会認定内科医
日本循環器病学会専門医

渡邊 大基 (わたなべ ひろき)

役職 医師
卒業年 平成16年
専門分野 循環器全般
資格 日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会認定医

高橋 宏輔 (たかはし こうすけ)

役職 医師
卒業年 平成19年
専門分野 循環器全般
資格 日本内科学会認定内科医

本橋 恭代 (もとはし やすよ)

役職 医師
卒業年 平成20年
専門分野 循環器全般
資格 日本内科学会認定内科医

大井 磨紀 (おおい まき)

役職 医師
卒業年 平成20年
専門分野 循環器全般
資格 日本内科学会認定内科医

鄒 佳苗 (すう かなえ)

役職 医師
卒業年 平成22年
専門分野 循環器全般
資格  

稲田 訓子 (いなだ のりこ)

役職 医師
卒業年 平成24年
専門分野 循環器全般
資格 日本内科学会認定内科医

和田 泰三 (わだ たいぞう)

役職 嘱託
卒業年 昭和43年
専門分野 循環器全般
資格 元循環器内科部長

疾患・治療

循環器疾患一般(狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心筋症、不整脈、高血圧)などの診療を行っています。
救命救急センターでは、急性心筋梗塞、急性心不全などの重症心疾患を24時間体制で受入れ、治療に当たっています。徐脈性不整脈にはペースメーカー植え込みを行い、頻脈性不整脈にはカテーテルアブレーション治療による根治術も可能で、致死性不整脈に対する体内式除細動装置植え込みも行なっています。心不全に対し両室ペーシングの植え込みも施行しています。


人材募集のお知らせ

当センター循環器内科は、下記学会の専門研修施設です。

  • ・日本内科学会 教育病院
  • ・日本循環器学会 循環器専門医研修施設
  • ・日本心血管インターベンション治療学会 研修施設
  • ・日本不整脈心電図学会 認定不整脈専門医研修施設

当センター循環器内科で取得可能な資格は、以下の通りです。

  • ・日本内科学会 総合内科認定医・専門医
  • ・日本循環器病学会 専門医
  • ・日本心血管インターベンション治療学会 専門医
  • ・日本不整脈学会 専門医
  • ・日本心臓リハビリテーション学会指導士
当科は、虚血、不整脈、心不全に総合的かつ専門的い対応できる医師を養成します。虚血性心疾患においては冠動脈病変へのステント治療や、ロータブレーター治療を、不整脈/(心不全)にはカテーテルアブレーション、ペースメーカー、植込み型除細動器、両心室ペーシング(CRTD)などを用いた専門治療を行っております。当科では、後期研修もしくは若手の先生方を募集しております。ご興味の先生は、ぜひご連絡ください。(後期研修について)

また、後期研修とは別に、下記のコースも開設しております。ご興味の方は、人事課までお問合せください。



   [問い合わせ先]
〒640ー8558 和歌山市小松原通四丁目20番地
日本赤十字社和歌山医療センター 人事課
Tel. 073-422-4171(内線5340)
Fax. 073-426-1168
E-mail s-wada@kankyo.ne.jp


循環器専門医取得を目指すコース 1-3年

対象:総合内科認定医(専門医)取得もしくは取得予定者で、循環器専門医を目指す方。また、専門医取得後で、循環器領域のスキルアップをご希望の方。
研修の概要:和歌山県は、心疾患死亡率が全国3位、急性心筋梗塞死亡率も近畿圏で最も高いなど、循環器診療体制の整備は急務といえます。当科では専門性の高い循環器科医を育成することで地域への貢献を目指します。年間1,600例の豊富な症例から、循環器救急疾患、虚血性心血管疾患、不整脈疾患、心不全関連疾患について、バランスよく診療経験し、循環器診療の専門性取得を目指していただきます。希望者には学術活動も積極的に参加いただきます。

心血管カテーテル治療もしくは専門医取得を目指すコース 2-3年

対象:循環器診療のサブスペシャリティとして、カテーテル治療専門医を目指す方。
研修の概要:和歌山地区は人口100万弱を有し、年間 約2,000-3,000 例程度の心臓カテーテル治療が必要と見込まれます。必要とされるカテーテル治療医は、30名、指導医は10名程度、ですが、現在、当地区で日本心血管治療インターベンション学会に登録されている認定医は15名、専門医は3名と不足しています。将来の当地区の循環器心血管治療インターベンション治療を担う人材育成することで、地域への貢献を目指します。研修期間内に、専門医または指導医の下、主術者として200例以上(日本心血管治療インターベンション学会認定医申請に必要とされる症例数。専門医を目指す方は300例)の治療経験を積んでいただき、独立した術者となることを目指していただきます。希望者には学術活動も積極的に参加いただきます。