ホーム  >  診療科・部門一覧  >  第一救急科部  >  概要

第一救急科部


当科について

診療科部の特色

当センターの救命救急センターのうち、外来部門を担っています。開業医の先生方や患者さんからの「救急で診てほしい」の声に応えられるよう、院内各科の協力を得て、内因性・外因性、重症度、救急車の利用か自家用車での来院かなどに関係なく原則として断らずに受け入れています。

対象疾患

胸痛・腹痛、構語障害や麻痺など内因性疾患、交通事故や労働災害など外因性疾患のみならず、中毒などあらゆる傷病を対象としています。

救急実績

救急取扱患者数

救急取扱患者数は平成24年度をピークに減少傾向にあり、時間外選定療養費の徴収を開始した平成27年度には減少が顕著になりました。

来院方法別取扱患者数

救急車・自己来院ともに平成24年度をピークに漸減少傾向にあり、時間外選定療養費の徴収を開始した平成27年度には減少が顕著になりました。

来院時間帯別取扱患者数

過去5年間、時間外が約半数を占めています。

疾患別取扱患者数

内因性77.0%、外因性23.0%であり、内因性疾患が中心です。

院内トリアージ

当センターには多数の患者さんが来院します。重症患者を選別し、重症度に応じて治療開始の優先順位を決める「救急トリアージシステム」を採用し,重症患者の優先治療に役立てています。この「救急トリアージシステム」はカナダで開発されたCTAS(Canadian Triage and Acuity Scale)をもとにして我が国で開発されたJTAS(Japanese Triage and Acuity Scale)を用いており、訓練を受けた看護師が数分間で緊急度を判定しています。

研修

当センターで研修を希望される方は、1か月の短期から1年以上の長期まで、希望に沿って受け入れています。院内からの希望者はもちろんのこと、院外からの研修希望者も積極的に受け入れています。
当施設での研修の長所は、各科にわたる豊富な症例を経験可能なこと、また各専門科との円滑な連携により各専門科の知識も吸収することが出来る点です。
昨年度は12名の院外研修医を1か月単位で受け入れ,研鑽を積んでいただきました。

時間外選定療養費

2014年4月から、17時30分~翌9時及び土日休日受診時には時間外選定療養費の徴収をお願いしています。
対象外となる例は、

  • 他院からの紹介状を持参した場合
  • 入院を必要とした場合
  • 当センター医師から救急外来受診の指示がある場合
  • 同一当直帯での2回目以降の受診の場合
  • 労働災害で急を要する処置が必要となった場合

です。対象時間に受診させる場合、FAXで構いませんので紹介状による情報提供をお願いします。

患者さんを救急部に紹介する際にお願いしたいこと

当センターは各科の協力をいただきながら救急運営を行っています。救急対応が必要と判断された患者さんは、救急部で対応します。その際、いくつかお願いしたいことがあります。

  • 原則として医師からの連絡をお願いします。
  • 原疾患すべてを伝達する必要はありません。最も知りたいのは病態悪化までの理学的所見(意識,呼吸,循環など)、対照となる検査成績、日常の生活レベル、悪性疾患や慢性呼吸不全の場合、DNARや人工呼吸についての意思が提示されているかどうかです。
  • 緊急状態であれば、即時救急車による搬送をお願いします。詳細な紹介状作成にいたずらに時間を費やす必要はありません。事務的処理のために緊急処置を遅らせてはなりません。
  • 可能な限り、基礎的な資料(過去画像や検査結果、対照となる心電図、手術記録)をお願いします。
  • 入院の必要性の判断は当センター医師が行います。そのため、先生方が入院を希望されても帰宅していただくことがあります。

スタッフ紹介

医師

筒井 一成 (つつい かずしげ)

役職 副院長 部長(兼)
卒業年 昭和54年
専門分野  
資格 京都大学医学部臨床教授
日本医学放射線学会放射線治療専門医

辻本 登志英 (つじもと としひで)

役職 副部長(兼)
卒業年 昭和59年
専門分野 集中治療
救急
資格 医学博士
京都大学医学部臨床教授
和歌山県立医科大学救急集中治療医学講座 非常勤講師
日本集中治療医学会専門医
日本救急医学会専門医
日本麻酔科学会専門医
日本麻酔科学会指導医
麻酔科標榜医
プライマリケア指導医

中 大輔 (なか だいすけ)

役職 副部長(兼)
卒業年 平成元年
専門分野 脳卒中
神経外傷全般
資格 医学博士
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会認定専門医
日本DMAT隊員

久保 健児 (くぼ けんじ)

役職 医師(兼)
卒業年 平成15年
専門分野 感染症診療、救急、ICT業務
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本感染症学会感染症専門医
日本救急医学会認定救急科専門医

久保 真佑 (くぼ まゆ)

役職 医師(兼)
卒業年 平成17年
専門分野 集中治療、救急
資格 日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会認定内科医
日本プライマリ・ケア連合学会指導医
JMECCアシスタントインストラクター 

東 秀律 (ひがし ひでのり)

役職 医師(兼)
卒業年 平成20年
専門分野 ER型救急、中毒 
資格 日本救急医学会救急科専門医
日本中毒学会認定クリニカル・トキシコロジスト
ICLSディレクター
JATECインストラクター
SHEAR(緊急気道管理コース)インストラクター
PALSプロバイダー
JPTECプロバイダー
BLSO,ALSOプロバイダー
MCLSプロバイダー
FCCSプロバイダー
臨床研修指導医 

是永 章 (これなが あきら)

役職 医師(兼)
卒業年 平成22年
専門分野 集中治療、ER型救急 
資格 日本救急医学会救急科専門医
ICLSアシスタントインストラクター 


第一救急科部