ホーム  >  外来・入院のご案内  >  入院・面会について  >  入院準備について

入院準備について

入院予約

ご入院の日時は、入院申込の際にご説明いたします。
入院申込時に入院日時が未定の方は、後日ご連絡させて頂きます。
患者サポートセンターにて入院申込書をお渡しいたしますので、患者さんご本人、連帯保証人、緊急連絡先をご記入の上、入院時に入院受付(本館1階)にご提出ください。


受付時間
 
午前9時00分~午後5時30分
〔土曜日、日・祝日、年末年始、赤十字創立記念日(5月1日)を除く〕


患者サポートセンター

入院受付


入院手続き

入院手続きには次の書類が必要です。

  • 入院申込書
  • 健康保険証(その他諸公費医療受給者証)
    ※交通事故、自由診療の場合は、診療単価1点当たり15円で診療費の計算を行わせていただきます。
  • 業務上で負傷(労災)された方は、指定の用紙。
  • 生活保護を受けられている方は、各市町村役場担当者へご連絡ください。

分娩入院についての詳しいことは、産婦人科外来でおたずねください。

入院当日お待ちいただくもの

  • 診察券、印鑑、健康保険証、入院申込書、入院のしおり、検査予約票(診療科外来で予約された方)
  • 現在服用中のすべてのお薬
  • 寝衣、下着、洗面具、バスタオル、タオル(数枚)、履きなれたはきもの、箸、スプーン 、湯のみ(お茶、お湯を保存する容器)、ティッシュペーパー、ごみ箱など
  • 緊急時の連絡先が二カ所必要となりますので、メモなどに控えてご用意ください。
  • その他、診療科外来で指定されたもの

当センター指定の成人用紙おむつについて

当センターでは、患者さんの状態にあった適切な紙おむつの選択に取り組んでいます。適切な紙おむつを選択することで尿や便漏れの予防、夜間の中途覚醒を防ぐことができます。またご家族の方に紙おむつを購入して持参していただく負担を軽減することができます。
なお、紙おむつは使用枚数ごとに有料とさせて頂きますので、ご理解の程お願いいたします。

対象者

当センターに入院中で紙おむつの使用が必要な患者さん

取扱いについて

  • 患者さんの特性に合わせて看護師が適切な紙おむつを選択し、提供します。
  • 紙おむつの管理(補充と請求)は当センターで管理し、入院費とともに請求いたします。

製品について

  • 紙おむつの重ねづかいが不要です。基本的には1枚のため、かさばる紙おむつの不快感が解消されます。
  • 高い吸収量と吸収効率により交換回数が少なくなり、夜間の睡眠時間を確保できます。
  • おむつ交換サインが外からわかるので、患者さんの羞恥心を守ることができます。

注意していただきたいこと

  • 患者さんの排泄状況や様々な理由によりご自分で紙おむつを外してしまうなどの症状がある場合は、市販の紙おむつ同様に使用枚数増加が予測されます。また従来患者さんが使用していた製品と異なるため、費用面で差異が生じることがあります。
  • 現在ご使用中の紙おむつがたくさん残っておられる方、他の製品の使用をご希望される方は、看護師にお申し出ください。
  • 病院指定のおむつから持ち込みおむつへの変更はいつでも可能ですので、看護師にお申し出ください。