ホーム  >  医療関係者の方へ  >  患者総合支援センターのご案内  >  患者総合支援センターについて

患者総合支援センターについて


 当センターでは、患者支援のより良いサービスを提供するため、医療連携支援部門、療養支援部門、相談支援部門の3つの部門で構成する患者総合支援センターを設けています。
 医療連携支援部門では、日々地域の先生方や医療従事者の皆様と相互に連携しています。他院からの紹介に対して診察や検査の予約を行うこと、地域の先生方へ適切な診療情報を提供することが連携支援の重要な業務です。また、患者さんを逆紹介することで、地域医療機関との信頼関係が構築され、切れ目のない良質な医療を提供します。
 療養支援部門では、より安全で安心な入院治療のため、入院が決定した段階から総合的に計画し、入院中はもちろん退院後も含めた一貫した支援を行います。良質な入院医療を提供するためには、安定した病床確保が必須の条件であり、療養支援部門、看護部、薬剤部、医事課、病床管理調整室が横断的に協力して入院・退院を支援しています。
 相談支援部門では、受診科相談や疾患に関する相談、介護保険や訪問診療・看護、かかりつけ医紹介などの在宅療養相談、経済的な問題や社会福祉に関する相談などを行っています。また、療養に伴い様々な問題を抱えた患者さんに介入し、患者さんを取り巻く環境に働きかけることで、治療の継続をスムーズに行えるよう支援します。
 医療情報の提供や各医療機関との連携を通じて医療の安全性を高め、皆さまから信頼されるサービスの提供を目指していきます。よろしくお願いいたします。

患者総合支援センター長
百名 克文

医療関係者の方へ


患者総合支援センターは、

地域医療機関と当センターとを繋ぐ窓口です。

患者総合支援センター 組織図

業務内容について

医療連携支援

療養支援

  • 転院支援
  • 在宅療養支援
  • 施設入所支援
  • 当日の他院入院支援
  • 入院患者の療養相談
  • 地域連携パスの転院に関すること

相談支援