ホーム  >  新着情報  >  お知らせ  >  平成29年4月より『肝胆膵外科』を新設しました

平成29年4月より『肝胆膵外科』を新設しました

2017年04月01日

 この度、肝胆膵外科部長を拝命し、京都大学肝胆膵・移植外科より過日着任いたしました安近健太郎と申します。
 1993 年に京都大学医学部卒業の後、外科医師としての研鑽を積み、2006 年に京都大学外科学講座が消化管外科、乳腺外科、肝胆膵・移植外科の3講座に再編されて以後は肝胆膵・移植外科診療に従事してまいりました。
 肝胆膵外科という名称はやや耳慣れないかもしれませんが、腹部臓器の中で肝臓・胆道・膵臓の病気に対する手術を担当する科であるとお考えいただきたいと存じます。
 肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、自覚のないうちに肝臓の働きが低下し、その中に大きな腫瘍を抱えていても全く症状が出ないことが一般的にあります。一方で、肝臓は腹部臓器の中で再生(少なく


なったらまた増える)する特徴を持った臓器ですから、仮に大きな腫瘍ができたとしても切除することが可能です。もちろん切除できる範囲には限界があり、切除予定量と肝機能が大きく影響します。
 胆道には肝臓で作られる胆汁が十二指腸へと流れる道(胆管)と一時的にたまる袋(胆嚢)が含まれます。治療対象としては胆石・胆嚢炎が多い一方で、胆管がんに対する治療も行います。胆管は肝臓から膵臓を通って十二指腸につながっており、がんのできる場所次第で行う手術も大きく異なります。
 膵臓は周囲にたくさんの神経・血管・リンパ管が存在し、容易に周囲へと拡がります。傷が小さく、体への負担の少ない腹腔鏡手術の普及が進んでいますが、上記のような特徴を持つ肝胆膵外科疾患に対する手術を行う上では詳しい検査とそれに応じた適切な手術選択が極めて重要です。
 外科のみならず当センタースタッフの総合力で患者さん第一のより良い肝胆膵外科診療を進めてまいりたいと思っております。
 何卒よろしくお願い申し上げます。